ライター : wasante

2歳児をはじめとする、3児のママです。パクチーとココナッツとナンプラが大好きです♪

カルディの「シナモンロール」が人気!

Photo by macaroni

カルディーコーヒーファームの冷凍コーナーに、シナモンロールがあるのをご存知ですか?カルディのオリジナルシナモンロールはコスパがよく、大人気の商品のひとつです。 カロリーはとっても高そうですが、そんなことを気にしていられなくなるほどのおいしさなのだとか。いったいどんな味なのでしょうか…?

SNSでもファンが多いシナモンロール♩

カルディのシナモンロールがおいしいという口コミは、TwitterやInstagramなどのSNSを中心に盛り上がりをみせています。おいしいという評判を聞いて、食べてみたくなる人も増えているようです。
「激ウマ!」「冷凍されているのに、焼き立てのようにおいしい」「シナモンロールは太りそうでいままで食べなかったけど、カルディのはつい食べちゃう」など、実際に食べた人はこぞって大絶賛しています。
「頑張って早起きした自分へのごほうび」「ひそかな楽しみ」などのコメントもあり、自分へのごほうびとして買う人も多いようです。

「カルディオリジナル シナモンロール」

Photo by macaroni

240円(税抜)
カルディのシナモンロールは、シンプルな赤いロゴ入りの透明の袋に入っています。中身がよく見えるパッケージですね。もっちもちのパン生地にシナモンの甘い香りがマッチしていて、たっぷりとトッピングされたチーズフロスティングがよく合います。 通常のシナモンロールよりも甘さ控えめなので、ほかのシナモンロールを甘すぎると感じている人にも人気の商品です。
▼購入はこちらから!

「アップルシナモンロール」が登場したことも!

270円(税抜)
期間限定でアップルシナモンロールが発売されたこともありました。小さくカットしたシロップ漬けのリンゴが練りこんであり、シャキシャキした食感や甘酸っぱい香りを楽しめる人気商品。 リンゴの量はあまり多くありませんでしたが、季節感たっぷりでリンゴ好きには大好評のシナモンロールでした。

シナモンロールのおいしい食べ方

自然解凍して食べる

Photo by macaroni

解凍の仕方によって、異なる楽しみ方があるのもカルディのシナモンロールの特徴です。自然解凍なら、シナモンやバターの風味を損なわずにふんわり、もちもちっとした食感を楽しめます。
朝食にするなら、前の日の晩にシナモンロールを冷凍庫から出しておくのがおすすめ。夏場なら冷蔵庫に移してもいいですね。
お弁当にするなら、冷凍のままそのまま持っていけばお昼には溶けて食べごろに。夏場は少しひんやりしているくらいでも、おいしいですよ。

Photo by macaroni

冷凍庫から取り出して、夏なら3〜4時間もすれば食べごろに。自然解凍すると、ふんわりもっちりとした出来立てのような食感を楽しめますよ。表面に塗られたチーズフロスティングもふわふわで丁度いい!

Photo by macaroni

こちらが、自然解凍したシナモンロールの断面です。空気をたっぷり含んだ生地のふんわり感が伝わるでしょうか。香り高いシナモンのラインが縦に何本か走っています。

電子レンジで解凍して食べる

Photo by macaroni

すぐに食べたい場合には、レンジで解凍すればOKです。自然解凍よりも砂糖やバターが溶けるので、しっとりふんわり柔らかくなります。500Wの電子レンジで約70秒、600Wで約60秒が目安です。
手で持つと崩れてしまうくらい柔らかくなるので、ナイフとフォークでお上品に食べるのがおすすめ。パイのようにカンタンにはがれるので、薄くはがしながら食べることもできますよ。

Photo by macaroni

チーズフロスティングもトロ〜リととろけてアツアツ♩加熱しすぎると、溶けきってしまうのでご注意を。置いておくと生地が硬くなってしまうので、早めにいただきましょう。硬くなった生地もパイのようなサクサク食感を楽しめますが、ふんわり柔らかい方がシナモンロールらしいですよね。
多くの口コミを見ると、電子レンジで解凍するよりも自然解凍の方がおいしい、という意見が多数のようです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS