マンゴーの聖地!? バンコク「マンゴータンゴ」のおいしさに観光客殺到!

夏の定番フルーツのひとつ、マンゴー。ですが、日本国内でマンゴーを安定して手に入れるのは難しいもの。そんなマンゴー好きにはたまらない、タイのバンコクにある「マンゴータンゴ」をご存じですか。マンゴーの聖地とも言えるカフェは足を運ぶ価値あり♩

タイで長く愛されるマンゴー専門店へ!

ゴールデンウィークを目前に控え、なんだか気分も高まるこの季節。今年は最大9連休になることもあり、海外旅行のご予定を立てている方も多いのではないでしょうか。

なかでも、今回おすすめしたいのはゴールデンウィークの海外旅行先ランキング2位のタイ。手軽に行けることと、何よりも物価が安いことから、お買い物や食べ歩きが楽しいと女性を中心に人気の観光地です。

今回は、そんなタイで絶対に食べたいマンゴースイーツショップ「マンゴータンゴ」をご紹介します。

タイ バンコク「マンゴータンゴ」

マンゴータンゴは、サイアムスウエア・ソイ3の通り沿いにあります。BTSサイアム駅の2番出口を出てUターンし、TRUEの入ったビルを左に直進、「innisfree」の角を左に曲がりサイアムスウエア・ソイ3に入ると右手にあります。

以前は別の場所にあったそうですが、2015年よりこちらの場所に移転したのだとか。黄色い大きな文字が目印で、お店の前にはマンゴーをモチーフにしたキャラクターが待っています。駅から徒歩2~3分とアクセスもよく、観光客でも行きやすいのが嬉しいですね。
店内はタイらしさを感じさせる装飾品が多数あり、天井も高く広々としています。ソファやクッションの色味に関しても、微笑みの国タイらしい雰囲気が漂っていますね。日本語のメニューも準備されていますので、タイ語が読めなくても安心!

タイの女子の間ではすでに長い間定番で大人気のスイーツショップとして知られています。現在はタイに3店舗を展開しており、どのお店も大人気。時間帯によっては行列必須なため、早めに足を運んだ方がよさそうですね。

看板メニュー「マンゴータンゴ」は必食!

出典:www.instagram.com

140タイバーツ(約420円前後)

大きくカットされたマンゴーは完熟状態のもののみを使用。マンゴーの香りと甘み、そして程よい酸味もあり、わざわざ食べに来る価値あり!完熟したマンゴーと共に、マンゴーアイス、マンゴープリン、さらにホイップクリームがトッピングされており、マンゴー好きにはたまらないひと品!

追加でもち米をトッピングすることも可能です。日本人にはあまりなじみのない食べ方ですが、日本で言うところの白玉のような感覚で、現地では定番の食べ方だそうですよ。
「こんなにジューシーでおいしいマンゴーを食べたのは初めてです」「すごく甘くて最高です」との口コミがあります。わざわざタイまで足を運んだ甲斐がありますね!
「今まで食べたマンゴーの中で1番おいしいマンゴーでした。」「アイスもプリンもくせになる!」「マンゴーだけでもおいしいのに、アイスにもプリンにもたっぷりマンゴーが使われていて幸せ」との感想も。

太陽の光をたっぷりあびた、厳選されたマンゴーのみを使用しているだけあり、味はもちろん、食感や香りともに申し分ありません。

豊富なマンゴースイーツ!

マンゴータンゴでは看板メニューの「マンゴタンゴ」だけでなく、その他にもさまざまなマンゴースイーツが揃っています。

マンゴルンバ

出典:www.instagram.com

95タイバーツ(約290円前後)

フレッシュマンゴーとマンゴープリンをベースに、キウイやドラゴンフルーツなど、旬の南国フルーツを贅沢に使ったひと品です。

甘酸っぱくて美味しいソースがかかっており、どのフルーツもみずみずしくてジューシー!「やっぱりマンゴータンゴのマンゴーはいつ食べてもおいしい」「これを食べるためにタイまで飛んできてしまいます」というファンの声があります。

マンゴサルサ

出典:www.instagram.com

95タイバーツ(約290円前後)

完熟したマンゴーの上から、更にマンゴーのプリンシャーベットがのったのがマンゴサルサ。現地の雑誌では、こちらがナンバーワンメニューと書かれることもあるそうです。マンゴー本来の味を堪能でき、マンゴー好きにおすすめ!

「マンゴープリンにもマンゴーの実がゴロゴロと使われているので、ひとつのメニューで2回も3回もおいしいマンゴーを食べた気持ちになります」「シャーベットはマンゴーをペースト状にしていて、そのまま食べているような錯覚を覚えるほど濃厚です」という口コミもあります。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちひろ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう