月に数回だけ開店!岐阜「円居」の美形フルーツサンドを食べたい人続出♩

濃尾平野の北端に位置する岐阜市長良。築100年を越える古い町家で営業している「円居(まどい)」は、岐阜で人気のパンと喫茶のお店です。今回は、月に数日しか営業しない「円居」の、お店のこだわりや人気メニューについて紹介いたします。

2018年9月14日 更新

漆黒/ショコラベリー

漆黒とは生地にダークチョコを練り込んだ真っ黒なパンです。ビターの効いた大人なショコラ味で、しっとりした生地はお口に入れた瞬間とろける感覚。まるでふわふなジェノワーズを食べているようです。今月はダークチョコにクランベリーとブルーベリーが入ったショコラベリー。漆黒もまた月により中に入る具材が変わります。

満月/カンパーニュ

満月という名のカンパーニュは円居を代表するパンのひとつです。毎回プレーンを含む3種類が販売されます。全粒粉配合で芳ばしい小麦の香りがお口いっぱいに広がり、天然酵母のクセもなく、ハードパンにしては少し柔らかめで、しっとりなのに粘りつくようなもちもち感がクセになります。今月はプレーン、木の実とチーズ、森のドライフルーツの3種類です。

朝食/プレーン

朝食は円筒形のかわいらしいイングリッシュマフィン。朝食時にぜひ召し上がっていただきたいという思いから作られているそうです。毎回2種類ずつ販売されます。2017年3月はプレーンとブルーベリーが楽しめますよ。

雪/黒豆きな粉

雪は赤ちゃんのほっぺのようにやわらかい真っ白なパン。こちらも月によってフレーバーが変わります。写真は12月〜1月に販売されていた黒豆きな粉。ほかにもラムレーズンやクランベリーなどがあり、雪という名が付いていますが、2月〜3月を除いた10か月間、販売されています。
2 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう