自分に合うものがひと目でわかる!おすすめのカトラリーブランド10選

カトラリーとは、食卓で使うナイフやフォークなど刃物の総称。ヨーロッパの長い食文化の歴史のなかで、伝統的に確立されたブランドがあります。食の情報の専門家であるフードアナリストの私が、日本で人気のブランドやおすすめのアイテムをご紹介しましょう。

2019年9月19日 更新

カトラリーはブランドで揃えたい!

食器と同様に、食卓の雰囲気を決める大きな要素のひとつが、ナイフやフォークなどのカトラリーです。食事をするための道具ですが、単に食材を切ったり口に運んだりというような機能面だけではなくて、せっかくなら、おしゃれで長く使えるものを選びたいですよね。

食卓を華やかに演出してくれる、素敵なカトラリーのブランドなどを国産・海外製品も含めて、その人気の理由や歴史も交えてご紹介いたします!

そもそも「カトラリー」とは?

カトラリーとは、洋食では食卓使うナイフ、フォーク、スプーンなどの主に刃物を中心とした道具を指しますが、木製のサーバーやトング、コースター、和食やアジアで多く用いられるお箸・箸置きなどの小物も含まれます。

食卓にある食器やグラス、調理器具以外のほとんどが含まれると考えてよいでしょう。

自分に合ったカトラリーの選び方

基本のカトラリーは5種類

まずは、カトラリーの種類には何があるのかを確認してみましょう。洋食で必要な基本アイテムは、次の5種類です。

・デザートナイフ
・デザートフォーク
・デザートスプーン
・ティースプーン
・ケーキフォーク


高級レストランでは、もっと多くの種類のカトラリーが並んでいますが、主に肉料理用のテーブルナイフより少し小振りなものをデザートナイフと呼んでいます。必ずしもデザート専用ということではなく、前菜からメインディッシュ、デザートまで全般に使うことができます。日本人の手、特に女性の場合は、サイズ的にデザートシリーズが使いやすいようです。

どんな場面でも合うシンプルなデザインがおすすめ

毎日のようにお使いになるものですから、やたらに華美だったり奇抜なデザインより、飽きのこないオーソドックスなデザインの製品をおすすめします。ただし、お子様用にはキャラクターデザインや持ちやすい樹脂製のものでもよいでしょう。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう