自分に合うものがひと目でわかる!おすすめのカトラリーブランド10選

カトラリーとは、食卓で使うナイフやフォークなど刃物の総称。ヨーロッパの長い食文化の歴史のなかで、伝統的に確立されたブランドがあります。食の情報の専門家であるフードアナリストの私が、日本で人気のブランドやおすすめのアイテムをご紹介しましょう。

カトラリーはブランドで揃えたい!

食器と同様に、食卓の雰囲気を決める大きな要素のひとつが、ナイフやフォークなどのカトラリーです。食事をするための道具ですが、単に食材を切ったり口に運んだりというような機能面だけではなくて、せっかくなら、おしゃれで長く使えるものを選びたいですよね。

食卓を華やかに演出してくれる、素敵なカトラリーのブランドなどを国産・海外製品も含めて、その人気の理由や歴史も交えてご紹介いたします!

そもそも「カトラリー」とは?

カトラリーとは、洋食では食卓使うナイフ、フォーク、スプーンなどの主に刃物を中心とした道具を指しますが、木製のサーバーやトング、コースター、和食やアジアで多く用いられるお箸・箸置きなどの小物も含まれます。

食卓にある食器やグラス、調理器具以外のほとんどが含まれると考えてよいでしょう。

自分に合ったカトラリーの選び方

基本のカトラリーは5種類

まずは、カトラリーの種類には何があるのかを確認してみましょう。洋食で必要な基本アイテムは、次の5種類です。

・デザートナイフ
・デザートフォーク
・デザートスプーン
・ティースプーン
・ケーキフォーク


高級レストランでは、もっと多くの種類のカトラリーが並んでいますが、主に肉料理用のテーブルナイフより少し小振りなものをデザートナイフと呼んでいます。必ずしもデザート専用ということではなく、前菜からメインディッシュ、デザートまで全般に使うことができます。日本人の手、特に女性の場合は、サイズ的にデザートシリーズが使いやすいようです。

どんな場面でも合うシンプルなデザインがおすすめ

毎日のようにお使いになるものですから、やたらに華美だったり奇抜なデザインより、飽きのこないオーソドックスなデザインの製品をおすすめします。ただし、お子様用にはキャラクターデザインや持ちやすい樹脂製のものでもよいでしょう。

シルバー製のカトラリーは特別な日のために

シルバーは貴金属の材料でもあり、高級感と独特な光沢はとても魅力的です。

しかしながら高価な上に柔らかい材質なので傷つきやすく、取扱が難しいのが難点。また、錆びやすく変色しやすいためお手入れが大変なので、日常使いにはあまり向いていないません。普段用にするなら、ステンレスの製品が安価で錆びにくく、お手入れも簡単ですよ。

普段使いにおすすめ!人気のカトラリーブランド10選

1. 王室御用達「Kay Bojesen(カイ・ボイスン)」/デンマーク

「カイ・ボイスン」は、銀のジュエリーや食器で有名なデンマークの老舗工房「ジョージジェンセン」で修練を積んだのちに独立した、銀細工師・デザイナーのブランドです。1938年にデザインされたシンプルで美しいカトラリーは、デンマーク王室御用達をはじめ、世界中の人々に愛され今も使い続けられています。

写真の「お試し5本セット」は、つや消しの最高級ステンレスで、キズがつきにくくお手入れが簡単です。しかも世界的なブランドでありながら、比較的お値段もお手頃ですよ。この製品は刃物の生産で有名な日本の燕市で製造されています。

【仕様】
セット内容:ディナースプーン、ディナーフォーク、ディナーナイフ、ティースプーン、ケーキフォーク
サイズ:ディナースプーン 197mm、ディナーフォーク 192mm、ディナーナイフ 200mm、ケーキフォーク 148mm、ティースプーン 130mm
素材:18-10ステンレス
備考:箱入りギフト対応可能
楽天価格:4,287円(税込)

2. 日本が誇る世界的デザイン「柳宗理」/日本

特集

SPECIAL CONTENTS