一度使うと手放せない!無印良品「米びつ」は主婦の理想形アイテム?!

無印良品の米びつは、シンプルな形でありながら細部にまでこだわりを持って作られています。冷蔵庫にすっぽりと収まる、コンパクトサイズなのも魅力的。どんな点が便利なのか、なぜ人気なのか、お米以外にも使える活用術など、詳しくご紹介いたします。

2019年3月26日 更新

無印良品の米びつは、まさに理想形!

冷蔵庫に入れやすいコンパクトサイズ

無印良品の米びつの大きさは、約幅17×奥行10×高さ28cm。冷蔵庫のドアポケットにも、すっきりと収めることができます。持ち手はついていませんが、本体にくぼみがあるので持ち上げも楽々!こうした何気ない工夫で、日々の使いやすさに大きな違いが生まれます。
容量は2kgなので、ひとり、ふたり暮らしにはぴったりの大きさです。家族が多い場合は、ふたつ以上まとめ使いをするのもいいかもしれませんね。

容器の中を洗いやすい

容器の中は小さなくぼみなどがない作りなので、お米から出た粉や、小さな米粒を簡単に洗い流すことができます。タッパーと同じ構造なので、ふたのつけ外しもとっても簡単!容器を清潔に保つためには、必要不可欠な要素ですよね。

リーズナブルで購入しやすい

米びつのお値段は、税込700円ととってもリーズナブル。1,000円以下で買えるので、とりあえず試してみようかな……という、気軽な気持ちで購入できますね。お店が近くにない方は、無印良品のネット通販を利用するのもおすすめです。

計量カップが付いているのも魅力のひとつ

無印良品の米びつは、便利な計量カップ付き!わざわざ別で買わなくてもいいから、とても便利ですよね。注ぎ口の部分に固定できるつくりになっているので、タッパーの中に入れっぱなしにせず、清潔に保つことができます。
2 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう