妙に心に刺さる!大阪「マガリー」のクセありメッセージカレーにハマる人続出!

古民家を間借りして営業する本格カレー屋「マガリー」。今やテレビ&雑誌などのメディアでも引っ張りだこです。ひとことが心に刺さると評判の「のりアート」や、センスのよさがキラリと光る本格カレーなど話題性も満載の「マガリー」を徹底調査します!

2019年11月6日 更新

間借りカレー屋「マガリー」

場所はJR学研都市線の「放出駅」から歩いて約5分の場所です。まず「放出駅」の南口を出て前の道を左に向かいます。少し進むと橋がありますので、渡ってから左に進んでください。古民家レンタルスペース「ぱれっと」が見えたら到着です。「ぱれっと」と書かれたすだれと、マガリーのイラストでスグにわかるはず。ちなみに放出の読み方は、ほうしゅつではなく「はなてん」です。
店内は、ざっくばらんな雰囲気です。ためらうことなくススっと入っちゃいましょう。スパイスのイイ香りがただよってくるので、ためらう暇なんてないかも……。席はカウンター5席ほどと、小上がりのテーブルが用意されています。こぢんまり感が心地よく、和の落ち着いた雰囲気です。こだわりのメニューは、イラストつきの手書きで温かみを感じますよ。

気になるメニューはすべて本格的

メニューは日替わりで提供されます。水蛸・梅・真蛸のスパイシーカレーや、リッチピーナツチキンバター、パラクフィッシュエスプーマなど、味はすべて本格的。家庭で作るカレーとは、見た目も全く違ったクオリティの高いカレーばかりです。わざわざ全国からカレー行脚で訪れる人がいるほどですから、実力はあなどれませんね。数あるメニューの中から、いくつかピックアップしてご紹介します。

1. ヒトクセフタクセビーフカレー

900円 写真右

オリジナリティあふれる、ヒトクセフタクセビーフカレー。肩ロースとアカセン(牛の4つ目の胃)がじっくりと煮込まれています。食べた瞬間にガツンとくるスパイスの香りが独特の旨味を生み出しています。じわじわと辛さが押し寄せてくる絶品カレーです。

2. あいがけ

ポークチキンエスプーマ&スリランカ チキンデビルや、牛スジバナーキー&鶏キビンダルーなど、2種類のカレーを一度に楽しめる「あいがけ」。店主さんのセンスのよさをヒシヒシと感じるひと皿です。味はどのカレーを食べてもハズレがありません。クオリティが高く豊潤な味わいを堪能できます。もちろん「のりアート」もOKです!お値段はカレーの種類によって変わります。

3.エビビビビエスプーマ

1,000円

右側の大きいお皿がエビビビビエスプーマです。美しいエビがドドンとのった贅沢な本格カレー。味はピリ辛ですが、口に運ぶとエスプーマスープ&エビの旨みが炸裂します。マガリーは肉系もいけるのですが、魚介類も味わい深いです。

4.鶏軟骨×チャナダル

800円

画像の右側が鶏軟骨チャナダルで、左側がこの後で紹介する真昆布×豆腐です。鶏軟骨チャナダルは説明書きにもあるように、もったりした感じのスパイシーなカレー。見た目の色合いから艶やかで食欲をそそります。ちなみにチャナダルとは、ひよこ豆を挽き割りにしたものです。
2 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motomoto

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう