ライター : narumi

食べ物についてまとめるのが大好きです。 こちらもどうぞ。

あの"ピンクのカオマンガイ"が東京上陸

明治通りを恵比寿方面にちょっと行ったところ。新南口の近くに「ガイトーン Tokyo」はあります。

さっそく渋谷店の「ガイトーン Tokyo」で食べてきました!

246の歩道橋から明治通りを恵比寿方面に眺めてみましょう。並木橋の手前あたりにお店が見えます。
香港ロジの並びにあります。タイの国旗が目印です。
タイにあったやつだ!ピンクのカオマンガイ。
メニューはカオマンガイが単品700円。ソムタムサラダが150円、スープが50円です。
3つをセットにすると850円。ちょっとお得になります。
ビールはもちろん、タイのシンハー。夜はこれも飲みたいですね。
店頭には巨大な鶏のオブジェが並びます。
タイの屋台をイメージしたオープンキッチン。活気を感じさせます。
店内には盛りだくさんのパクチーが!なんとパクチーは食べ放題なんです。
椅子はお店のカラーのピンク。
ピンクの椅子とシルバーのテーブルがおしゃれ。
壁にはタイの店舗の写真が飾ってあります。
店内からもキッチンが丸見え。スタッフは本場タイの味をきっちり特訓してきたらしい。
さっそく着席。カオマンガイのセットをいただきます。
ピンクの食器入れもかわいいです。
まずはあのパクチーが運ばれてきて……。
スパイシーな香りが鼻をつーんと刺激する特製タレ。
青パパイヤが爽やかなソムタムサラダ。
そしてスープです。
実はこの地味なスープがめちゃくちゃ美味いですw
キタ━(@∀@)━! カオマンガイ! だいたい2分くらいで出てくるらしいです。
やわらかく蒸した鶏もも肉。
超うまそう。いい匂いが漂ってくる。
ライスはもちろん、タイ料理ではおなじみの「ジャスミン米」。鶏のスープが染みこんでいます。
やわらか鶏肉に、香り高いジャスミン米。この相性は完璧!
ここに食べ放題のパクチーをどっさりかぶせて一緒に頬張ります。
なんならパクチーだけでばくばく食べちゃったりもします。
スプーンが止まらない味。これはくせになる。
本場のカオマンガイの味を都内でさくっと食べられるお店は貴重かも。
あっという間に食べ終わってしまいました。量は男性でもちょうどいい感じ。
パクチーは2人でこれだけ食べてしまった。
パクチー、食べすぎ……?
ごちそうさまでした。また絶対きます。
渋谷店は11日オープン。 年内に都内にもう1店舗、そして名古屋、大阪、福岡、仙台、札幌などにも出店する予定らしいです。

「渋谷カオマンガイ (旧 ガイトーンTokyo)」の店舗情報

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS