「飲むヨーグルト」って太る? 効果的に飲んでダイエット!

健康や美容にいい飲むヨーグルト。その手軽さに惹かれて冷蔵庫に常備し、つい飲みすぎて太る……なんてこともあるのではないでしょうか。今回は、気になるカロリーや効果的な飲み方にも注目してご紹介します。正しい知識で、健康的に摂取しましょう。

2019年2月27日 更新

飲むヨーグルトって太るの?

健康のため、美容のため、ダイエットのため……。さまざまな目的で、日頃から飲むヨーグルトを愛飲している方は多いと思います。手軽でなによりおいしいからと、ついついたくさん飲んでしまうこともあるかもしれません。

そんな飲むヨーグルトのカロリー、気にしたことはありますか? もしかしたら、太る原因のひとつとなってしまっているかも!?

飲むヨーグルトのカロリー

飲むヨーグルトは、いったいどれくらいのカロリーがあるのでしょうか。スーパーのヨーグルト売り場には、プレーンタイプのもの、加糖タイプのもの、果肉や果汁入りのものなど、たくさんの種類の飲むヨーグルトが並んでいますね。

そのメーカーや製品によって違いはあるものの、100mlあたり65kcal(※1)と考えていれば問題ありません。

固形のヨーグルトと何が違うの?

発酵の工程が違う

飲むヨーグルトは、サラサラして口当たりも軽いため、固形のヨーグルトを水分で薄めているものだと思っている方もいるかもしれません。メーカーによって違いはありますが、実は固形のヨーグルトをそのまま撹拌(かくはん)して、液体にしたものが飲むヨーグルトなんです。

また、固形のヨーグルトと飲むヨーグルトは、発酵するタイミングに違いがあります。固形のヨーグルトのなかでも、甘味料や果肉の入っていないプレーンタイプのヨーグルトは、容器に充填されてから発酵します。

一方で、飲むヨーグルトは、発酵してから容器に充填されます。これを前発酵というのですが、甘味料や果肉を入れるヨーグルトもこのタイプです。
1 / 5

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

amino_san

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう