フランス人が選ぶ『日本一美味しいパン屋』BEST3発表!【ネプイモト世界番付】

日本テレビ系列「ネプ&イモトの世界番付」にて、フランス人が選ぶ日本一美味しいパン屋BEST3が発表されました!バケットの本場フランスで生まれ育った人たちが選んだこちらのパン屋さんが、どれも本当に美味しそうだったのでご紹介します!

「ネプ&イモトの世界番付」

7月4日(金)放送の日本テレビ系『ネプ&イモトの世界番付』にて、「フランス人が選ぶ日本一美味しいパン屋BEST3」が発表されました。

バケットの本場「フランス」に住んでいた人たちが選んだランキングなのでかなり信憑性があります。ただ、都内在住のフランス人の方にアンケートを取っているので、「日本一」と言っても都内のパン屋さんしか出てきませんので悪しからず。

3位「渋谷 VIRON」

【TEL・予約】03-5458-1770

【住所】東京都渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル 1F
JR渋谷駅から徒歩8分。東急本店向かい。
神泉駅から494m

【営業時間】9:00~22:00 日曜営業

【定休日】無休

参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13004626/
3位は渋谷にある「VIRON」です。

オススメはフランス人がフランスと変わらない、むしろフランスより美味しいとさえ評価する「バケット」です。
多いときは1日に500本売れるという「VIRON」のバケット。

「レトロドール」というフランス製直輸入の小麦粉を使っていて、香りがとても強く、外はしっかり中はもちもちで、噛む度に味わいも広がります。
レトロドールは保水力があるのでモチモチとして味が濃く、クラストはバリッとハード。その噛み応えも味わいも、これぞバゲットという逸品です。

出典: allabout.co.jp

しかもより美味しくバケットを頂くための説明書が付きます。

温かいバケットが食べたいですし、この量を一日で食べきれない人もいますもんね。
店頭で召し上がる場合、ジャムなどもいいですが、番組内ではホットチョコレートをバケットに付ける食べ方を紹介していました。フランスではポピュラーなやり方らしいですよ。

バケットにチョコがしみ込み、至福の味わいだそうです。

ちなみに、フランスではそのパンの長さで名称が変わるのをご存知ですか?
●パリジャン
棒状の代表的なフランスパン。長さは約50~70cm。重量500g前後で表面に5~6本のクープをつけたものが多い。パリジャンとは「パリっ子」の意味。

●バゲット
長さ約70~80cm。重量300~400g前後のステッキパンであり、フランスパンのうちでは細長い部類に属し、パリパリした表皮が多く塩味であることを特徴にしている。日本語訳で「杖」の意味。

●バタール
棒状フランスパンのうちで太さがパリジャンとバゲットの中間にあり、長さは約40~50cm。重量は300g程度。日本語訳は「合いのこ」。パリジャンとバゲットの中間的な格好を意味している。

出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

このように、日本人の目から見ると同じように見えるパンでも、それぞれ決まった規格があったのです。
▼こちらがプロデュースしたお店が銀座にも!

第2位「神楽坂 PAUL」

【TEL・予約】03-6280-7723

【住所】東京都新宿区神楽坂5-1-4 神楽坂テラス 1F
大江戸線 牛込神楽坂駅から417m

【営業時間】10:00~21:00(L.O.20:30)
ランチ営業、日曜営業

参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13122278/
第2位は神楽坂にある「PAUL」です。

オススメはチーズをふんだんに使った「パン・オ・フロマージュ」。フロマージュはフランス語でチーズのことですね。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS