ローディング中

Loading...

ハーゲンダッツといえば“ちょっと高級なアイスクリーム”の代名詞。こだわりがずっしり詰まった濃厚な味に魅了され「いつもより少しだけ贅沢しちゃおう」という感じで選ぶひとが多いのではないでしょうか。でも、なにやらアメリカでは事情が違うようです。

なんでハーゲンダッツは高いのか

見目麗しい女優さんが、おいしそうに頬張るCMでお馴染みのハーゲンダッツアイスクリーム。絶対的な知名度と人気を誇るアイスクリームブランドですが、ポンポン気軽に買えるような値ごろ感はありません。なぜ、ほかのアイスクリームと比べて、ハーゲンダッツは高いのでしょうか?しかも、日本だけ高いらしい……?
ハーゲンダッツは、アメリカで1961年に生まれました。当時アメリカでは、食品に合成着色料や乳化剤がバンバンつかわれていたのだとか。そんな時代にありながら、創始者のルーベン・マタスは「究極のアイスクリームをつくりたい!」と考え、とてもシンプルな素材を厳選したハーゲンダッツをつくりだしました。スタート当時のフレーバーは3種類のみだったそうですが、濃厚な味わいで人気になったそうです。
でも、これだけの情報では疑問が解けません。そこで、「なぜハーゲンダッツは高いの?」を探るべく、ぐーんと掘り下げてみました!

素材のコストがかかっている

ハーゲンダッツのポリシーは“身近にあるシンプルな、けれどもこだわり抜いた素材でアイスクリームをつくること”なのだそうです。そのため、主な原料から、味の個性を決める副原料にいたるまで、一切の妥協がありません。

ミルクへのこだわり

ハーゲンダッツアイスクリームの主な原料は「ミルク」「砂糖」「卵」。そして、そのなかで最も重要なのが、味わいを決める「ミルク」です。
日本において、ハーゲンダッツの原料となるミルクがつくられているのは、北海道東部にある根室・釧路エリアです。栄養満点の牧草が育つ土づくりからはじめ、牛さんにとってストレスフリーな、心地よい環境が守られているようです。また、それぞれの体調に合わせた飼料が調節されているとのこと。
そして、人間と同じように、愛情不足からくる精神的ストレスがたまらないよう、酪農家の方が愛情いっぱいに乳牛さんを育てています。これらすべてが、ミルクのおいしさにつながっているんですね。

副原料へのこだわり

そして、もちろん、ミルクだけではありません。フルーツやナッツ、チョコレートなどの副原料選びにも、とことんこだわり抜いているようです。世界中から集めたものたちのバランスや食感を吟味し、ときには100種類以上の試作を重ねるそうです。ちなみに、ストロベリーアイスクリームを完成させるために創始者ルーベン・マタスが費やした時間は、イチゴ探しに3年、開発に3年というはなし。
また、ハーゲンダッツの「グリーンティーアイスクリーム」の原料である「てん茶」は、素材選びもさることながら、製造工程でその風味や色が損なわれないように、細心の注意が払われています。完全に遮光された部屋のなかで、石臼をつかってゆっくり挽き、抹茶にして使用しているのだとか。そのため、日本発の「グリーンティーアイスクリーム」は、海外でも人気です。

乳脂肪分が多い

乳脂肪分とは

ハーゲンダッツを食した人々からは、「濃厚でおいしい!」という感想が多く生まれます。その理由は、乳脂肪分が多いから。ちなみに「乳脂肪分」とはミルクに含まれている脂肪分のこと。ミルクの脂肪分は、水分のなかに乳化した状態で混ざっているので、消化吸収がよいという特長があります。そして、この脂肪分が多ければ多いほど、コクのある味わいになるということなんです。

アイスクリーム類の種類

ひとくちにアイスといっても、アイスクリーム類は4つに分類されます。そのなかで「アイスクリーム」と呼べるのは、乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分が8.0%以上のもの。これは、厚生労働省の“乳等省令”で決められている数値です。「乳固形分」はミルクの水分以外すべてを指すので、「乳固形分」+「水分」=「ミルク」となります。
ちなみに、乳固形分が10.0%以上、うち乳脂肪分が3.0%以上のものを「アイスミルク」、乳固形分が3.0%以上で、乳脂肪分の規定がないものを「ラクトアイス」、それ以下のものを「氷菓(ひょうか)」と呼びます。氷菓はアイスキャンディーやかき氷などのことで、乳固形分はほとんどありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ブーム到来の予感! ワインのようなフルーティーさが人気 「北欧コーヒー」とは?

アメリカや日本といった世界でも有数のコーヒー消費国をおさえ、フィンランドやノルウェーといった北欧の国々が世界のなかで圧倒的な消費量を誇ることをご存知ですか? 実はここ最近、その独特なフルーティーな風味がウケ、…

実は知らないことばかり!? ブラジルコーヒーの楽しみ方

ブラジルといえば、コーヒーの生産で有名なのをご存知でしたか?今回は「ブラジルコーヒー」についてご紹介します。ブラジルにはコーヒーの秘密がいっぱい!ブラジル人は超甘党で砂糖をたくさん入れるとか!?併せて、淹れ方…

【意外過ぎ】京都には「食べるお香」がある!? 食べる○○の常識を逸脱!!

最近、食べる○○というジャンルのグルメが増えてきましたよね。実は京都には驚きの食べるお香が存在するのです。一体どのようにしてお香を食べているのでしょうか…?

サードウェーブ・コーヒーとは? 珈琲好きへオススメする3つの理由

コーヒー好きの間で話題となっている「サードウェーブ・コーヒー」。なんでもファーストウェーブ、セカンドウェーブと続く、コーヒー界における新たなムーブメントのことを指すのだとか。一体どのような特徴があるのでしょう…

もはやワインなの!? ハチミツの香り&“極”がつく超甘口「貴腐ワイン」の魅力とは?

独特な酸味や渋みが苦手な人も多いワイン。一方、値段と品質が単純に比例しない奥深さをもつなど、その世界にハマる人も多いですよね。実は、甘口・辛口などで区分されるワインの味わいの概念を覆すようなワインが存在するん…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

【町田】究極的な美を持つパフェに感動「カフェ中野屋」その麗しいビジュアルが和の心に響き渡る・・・。

町田にある「カフェ中野屋」その究極的に美しいパフェとうどんに酔いしれて下さい。言葉は何も要りますまい。ご覧頂いて心で感じて下さい、その和の響きを。

【町田】究極的な美を持つパフェに感動「カフェ中野屋」その麗しいビジュアルが和の心に響き渡る・・・。

町田にある「カフェ中野屋」その究極的に美しいパフェとうどんに酔いしれて下さい。言葉は何も要りますまい。ご覧頂いて心で感じて下さい、その和の響きを。

猫好き必見、京都・にゃんこパフェ。可愛くて胸キュンキュン!

京都府上京区ににゃんとも可愛いパフェが食べられるカフェがあるよ(๑╹ڡ╹๑)  も〜可愛いのなんのってたまらなにゃいの! しかもお店は築150年の古民家を改装した町家カフェ。雰囲気バツグンなのです〜♡

ページTOPに戻る