ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

浅草で天ぷらランチならここ!

Photo by 白井シェル

浅草にはさまざまな飲食店がありますが、なかでもおいしい天ぷらをいただけるのはご存知でしょうか。この記事では、天ぷらランチにおすすめのお店をご紹介していきます。都内在住のライターが実際に浅草へ足を運んで実食しておりますので、内観の様子や味わいまで知ることができますよ。

お店で天ぷらをいただくと値段が張るイメージがあるかもしれませんが、この記事でご紹介するのは気軽に入店できるお店ばかりです。浅草へ足を運ぶ際はぜひ利用してみてください。

1. 安くて豪華なランチをいただける「喜久鮨」

Photo by 白井シェル

喜久鮨はつくばエクスプレス浅草駅より徒歩3分、かっぱ橋本通りの商店街にあるお寿司屋さんです。創業から100年を超える老舗であり、新鮮なネタを握ったお寿司や会席料理を提供しています。

ネタが並ぶカウンターと板前さんは、いかにもお寿司屋さんという雰囲気。もちろんテーブル席もあります。予約をすれば、少人数の個室や宴会席の利用も可能です。

天ぷら重ね

Photo by 白井シェル

990円(税込)
ランチメニューにおすすめなのが、天ぷら重ねです。お重は天ぷら、サラダや煮物、ばらちらしの3段になっています。天つゆ付きの天ぷらはえび、さば、キス、なす、ししとうがらしの5種類。衣はしっかりめですがサクサクとした食感で、天つゆにつけていただくとさっぱりとした味わいです。

また付け合わせの汁物にはあさりが入っていて、奥深い味わい。そしてできたての茶碗蒸しは熱々で、しいたけやえびなど具沢山となっています。
店舗情報

2. 浅草で有名な老舗といえばここ「雷門 三定」

Photo by 白井シェル

雷門三定(さんさだ)は東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩1分ほどのところにある天ぷら屋。天保8年から創業するお店で、170年以上にわたって天ぷらを作り続けている老舗です。別館と本館に分かれていて、今回は別館へ訪れました。

雷門三定は時間帯問わず同じ価格設定となっています。そのため、混雑を避けるために時間をずらして遅めのランチをとりたい方でも入店しやすいですよ。

天丼(並)

Photo by 白井シェル

1,560円(税込)
天丼(並)にはえび、イカ、キス、ナスの4種類の天ぷらがのっています。衣はしっかりめで、天丼のタレがしっかり絡んでいました。三定の天丼の特徴は、具材がすべて大ぶりであることです。ひと口かじるごとに天ぷらを食べている充実感があります。特にイカは肉厚でありながらやわらかく、おいしくいただけました。

そしてサービスの味噌汁には、豆腐とわかめになめこが入っていています。赤味噌が使われていて、味わい深く付け合わせにぴったりでした。
店舗情報

3. ごま油で揚げる天ぷら「大黒家天麩羅」

Photo by 白井シェル

大黒家は東京メトロ銀座線 浅草駅から徒歩4分、天保院通りにある天ぷら屋です。明治20年から創業していて、かつては蕎麦屋として天ぷらをふるまっていました。2021年7月現在では4代目となる店主がお店を営んでおり、昔から続いている伝統な味を守っている老舗です。

今回足を運んだのは本店でしたが、浅草中央通りを挟んで向かい側に別館があります。店内はすべてテーブル席。おひとり様でもゆったりと食事を取ることができますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ