天然の惚れ薬!恋愛ホルモンを高める食べ物8つ

恋に答えなんてない。意中の彼を落としたいなら「恋愛ホルモン」を引き出す食べ物で、惚れさせてしまえばいいんです。あなたの体の内に潜むその、恋愛ホルモンのふたを解放すれば軽々恋愛成就の旗を掲げられるかも。秘密の食べ物、お教えします。

目覚めよ、恋愛ホルモン

あなたは今、恋してますか?

意中の相手との距離が近いのであれば、あとはタイミング次第でしょうか。反対に「軽く会釈するくらい」、「名前も知らないいつもすれ違うあの人」の場合は。。。一歩を踏み出すのに相当の勇気がいりますね……。

恋とは、迷路のようなもの。あなたが積極的になれないタイプだとしたら、向こうをその気にさせてしまえばいいのです!恋愛ホルモンの力を使って、ね。チャンスを手繰り寄せる恋の最強兵器「恋愛ホルモン」を高める食べ物をお教えしましょう。

恋愛ホルモンて何?

恋愛ホルモンとは、恋に落ちたときに脳から大量に分泌される女性ホルモンのことです。フェニルエチルアミン(PEA)・エストロゲン・エンドルフィン、この3個が恋愛ホルモンの代表選手。

女性の恋愛ホルモンの分泌量が多いと、男性は強く心を揺さぶられて恋心を抱きやすく、すぐに惚れてしまうようなんです。恋愛ホルモンが高まるものを食べてフェロモンを出し、気になる男性と2人きりの時間を作りましょう。恋愛関係に持ち込めるか否かは、あなた次第です。

それでは早速、気になる恋愛ホルモンの働きとその効果を高める食べ物について、見ていきましょう。

フェニルエチルアミン(PEA)

恋をすると分泌が増す「フェニルエチルアミン(PEA)」。このホルモンは“天然の惚れ薬”とも呼ばれていて、恋愛の初期段階で特に多く分泌される神経伝達物質です。脳の一部を破壊して、判断力を鈍らせるらしい。あなたもありませんか?胸の鼓動が収まらず、食事が喉を通らなくなること。それはこのフェニルエチルアミンの仕業だったんです。ほかにも、性欲を高める、集中力をアップさせるなどの効果があります。

エストロゲン

ふっくらしたバスト、しなやかな曲線美、つやに満ちた肌、そして一途に相手を思う気持ち。恋愛真っ只中の女性が美しいと言われるのは、エストロゲンの働きによって女性度がアップするからです。ちなみに、美人の人ほどこのホルモンの分泌が多いらしい。エストロゲンの分泌量が増えて女性らしさが高まれば、意中の男性に「あれ?あんなにきれいだったっけ……」と思わせてとりこにできるかも!

エンドルフィン

安心感や幸福感をもたらす効果のある「エンドルフィン」は別名“脳内麻薬”“天然の鎮痛剤”と呼ばれるほどのすさまじいパワーを持っています。しかも、強い鎮痛力で知られるモルヒネの6倍以上の力があるというから驚き。心の底から信頼できる人と出会うと、たくさん分泌されるホルモンです。ドキドキときめく恋もいいけど、「なんか落ち着く」みたいな安心感を与えることはもっと大切。

恋愛ホルモンは食べ物で増やせる

チョコレート

チョコレートには、フェニルエチルアミンの分泌を促す効果があると言われています。何も感じていなかった相手に対してときめきを感じたその瞬間、人は恋に落ちます。するとこのフェニルエチルアミンもバンバン分泌され、寝ても冷めても彼のことで頭がいっぱいになり、恋に恋する状態に陥ってしまうというわけ。

チーズ

フェニルエチルアミンの分泌を促す代表的な食べ物と言えば、チーズ。緊張や不安を和らげる効果があるフェニルアラニン、そしてアミノ酸が豊富に含まれています。意中の彼も参加する飲み会の席でのお酒の相棒には、必ずチーズを選びましょう。

ワイン(フェニルエチルアミン)

赤ワインには、フェニルエチルアミンの分泌を活発にする働きがあります。「好きかも。そんなんじゃない……!」なんて考えていたらそれは、もうロックオンしている証拠。もしその相手が親しい関係にあるのであれば、仕事帰りに軽く一杯誘ってみてください。赤ワインで頬を染めながら、女っぷりを見せましょう。

大豆イソフラボン

大豆の芽に多く含まれているポリフェノールの一種・大豆イソフラボン。女性ホルモン「エストロゲン」と同じ働きを持っていて、乳腺の発達を促し胸元にボリュームを持たせて女性らしいしなやかボディに近付けてくれるんです。また、気持ちを穏やかにするパワーにも長けていて、内面の余裕がやわらかい印象を与えて意中の彼もイチコロかも。

キャベツ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

yuitoss

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう