ローディング中

Loading...

寒い季節にはやはり温かい食べ物ですよね。そんな時に役立つのが土鍋ではないでしょうか。鍋料理はもちろんご飯も炊けるのでできるだけ長く使いたいものです。土鍋の焦げが気になる人必見の、焦がさない方法や焦げの落とし方を紹介します。

土鍋が焦げちゃった!

秋には土鍋で炊き込みご飯、寒い冬には鍋料理と大活躍の土鍋。あれっ!? うっかり土鍋を焦がしてしまいました。こすってもこすっても一向に落ちる気配の無い“焦げ”。でも、ちょっと待って!力任せでは焦げが落ちないどころか、大切な土鍋が傷ついてしまいます。そんなことをしなくても、土鍋の焦げは落とせます。早速、その方法をご紹介しましょう。

土鍋が焦げる原因

火力が強すぎる

土鍋が焦げ付く原因はふたつ。その原因のひとつが、「火力が強すぎる」こと。でも、土鍋ごはんは強めの火で一気にたき上げるのがコツですし、「レシピ通りにやったのに焦げついた。」とお嘆きの方もいるでしょう。レシピ通りに炊いていても焦げてしまう理由は、コンロの火力、気温・水温、土鍋の大きさや状態、全ての条件が各家庭によって違うためです。同じ家庭で同じ人が作っても、夏と冬では気温や水温がまるで違います。

ちょっと難しいことですが、ちょうどよい火加減を掴むには何度か挑戦してコツを掴むしかありません。本来は強火のレシピを強めの中火に調整するなど、あまり難しく考えずにやってみましょう。

火にかける時間が長すぎる

土鍋焦げつく原因のもうひとつが、「火にかける時間が長すぎる」こと。こちらは火力と違って、対処は簡単です。それは、「土鍋のそばを離れない」こと。焦げには独特の匂いがありますので、注意して土鍋を観察していれば匂いの変化に気づくことができます。火を止めたあと、土鍋をコンロから降ろすのもポイント。こうすることでコンロに残った余計な熱が土鍋に伝わらなくなるので、焦げの原因を少し減らすことができます。

ついてしまった焦げを取る方法

土鍋が焦げついたからといって、力任せにガシガシとこすってはいけません。まずは、焦げの種類を見極めましょう。軽い焦げでしょうか?それとも強い焦げ?軽い焦げなら、土鍋に水を入れて一晩置いて下さい。次の朝には焦げが柔らかくなっていますよ。そうなれば、あとは布巾でゆっくりとこすれば焦げは取れます。では、強い焦げはどうしましょうか?こちらも2種類の焦げがありますので、種類に合わせた対処法をご紹介します。

重曹

重層が効く焦げの種類はご飯、お肉、お魚など。これらは酸性の焦げ、つまりアルカリ性である重曹がよく効くというわけなんです。では、土鍋についた焦げ(ご飯、お肉、お魚などの焦げ)を落とす方法をご紹介します。
1、土鍋に水を入れます。(お湯では効果が弱くなります。必ず水から始めましょう。)
2、重曹大さじ4杯を、土鍋の中に入れます。
3、土鍋を火にかけ、ぐつぐつと煮立たせます。
4、重曹入りのお湯を捨てて、布巾やスポンジ、指で焦げを落とします。
補足、一度で落ちない頑固な焦げは1~4を繰り返しましょう。ポイントは、水から煮立たせること。お湯から始めてしまうと、重曹の効果があまり発揮されません。

お酢

お酢が効く種類の焦げは、野菜、キノコ、果物などです。こちらの焦げはアルカリ性なので、酸性であるお酢を使うとよく落ちるというわけです。では、土鍋についてしまった野菜、キノコ、果物などの焦げを落とす方法を見ていきましょう。
1、最初に土鍋をたわしで洗う。(金だわし不可。力の入れ過ぎで鍋を傷つけないように。)
2、鍋に水を入れます。(お湯では効果が弱くなります。必ず水から始めましょう。)
3、お酢を50~70cc入れて煮たたせる。
4、完全に沸騰したら火を止め、数時間放置します。
5、お酢入りの水を捨てて、布巾やスポンジ、指で焦げを落とします。
ポイントは重曹と同じく水から始めることと、最初にたわしで洗うことです。

土鍋の焦げ落としのNG行動

土鍋が焦げついたからといって、むやみにスプーンや金だわし等の金属で擦ってはいけませんよ。力任せにやったところで焦げは取れませんし、土鍋を傷つけてしまいます。焦げの種類を見極めて、正しく対処しましょう。

土鍋を焦げつきを防ぐには

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

もやしって洗う?洗わない?洗ったらおいしく仕上がるらしい

ボリューム感も栄養も満点で、お財布にも優しい「もやし」。炒めればシャキシャキとした食感が楽しめ、色々なお料理で活躍してくれる、とても優秀な食材です。でも、洗う派と洗わない派に分かれているそう。品質や味に関係し…

ほったらかして30分でできちゃう!『お鍋で炊く簡単鯛めし』レシピ

おつまみ 〆ご飯

鯛の旨味が堪能できる鯛めし。余計なものは入れずに、シンプルに鯛の旨味だけでおいしく仕上がります。高級魚の一種の鯛ですが、小ぶりなものやチダイはお手頃価格。短時間で簡単に作れるので年末年始のご馳走におすすめです…

土鍋の使い始めに目止めをしてる?基本のやり方とコツまとめ

お鍋に湯豆腐、鍋焼きうどん...ごはんも炊けるしプリンも作れる土鍋は冬の万能アイテム!そんな土鍋を使い始める前に「目止め」が必要なのを知っていますか?長く使いたい土鍋だからこそ、正しいやり方をマスターして鍋料…

重曹+放置でかんたん!頑固な「五徳の汚れ」掃除テクニックを伝授

ガスコンロの五徳は放っておくとあっという間に真っ黒けになってしまいます。しかも油がとんでゴテゴテ。焦げ焦げになった五徳の掃除って大変ですよね。今回はそんな五徳をすっきりきれいに掃除する方法を紹介いたします。

あなたの欲求を満たす!「一人鍋」のレシピ20選

レシピ まとめ

一人分でも手軽に作れる鍋料理は、幅広い世代に人気がありますね。今回は節約、冷蔵庫の整理、ダイエットなどなど、欲求別に簡単でおいしい「一人鍋」のレシピをご紹介します。少ない材料で大満足の鍋レシピで、寒い季節もポ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

食べ物にまつわるしょうもないギネス記録『10』選

ピザ パン まとめ

世界には、何でこんなことをしようと思ったんだろう…と思ってしまうようなことが沢山あります。でも、そんなしょうもないことでも、世界一なら認定してくれるのがギネスこと『guinnessworldrecords』!…

「おいしい!」だけで終わらせてない?いざという時の味覚表現『10選』

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

社会人のお酒マナー7選!これであなたもデキ女になれる

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

冬のお風呂に入れたい食材10選!嬉しい効果がいっぱい♡

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

炭酸水の飲み過ぎに赤信号!? 腹痛・むくみを引き起こす危険があるらしい

美容・健康・ダイエット効果が高い炭酸水、じつは飲みすぎると危険らしい。特に胃腸が弱い場合は下痢や腹痛、むくみやイライラなど飲み過ぎによって引き起こされるネガティブ要素はたくさんあるようです。でも一体どうして飲…

体の内側からケア!「シミに効く食べ物」で美白肌を取り戻す

紫外線をたっぷり浴び、放っておくとできてしまうシミ。できてしまったシミには、シミに効く栄養素を摂り、身体の内側からケアしていくのが効果的です。ここではシミに効く食べ物を紹介しているので、積極的に食べてシミの無…

おつまみやおかずにも!おいしい「豚バラ大根」のレシピ、教えます

大根

秋から冬にかけての大根は、みずみずしく甘みが増して美味しくなります。そこで大根を使った、おつまみにもおかずにもなる「豚バラ大根」のおしゃレシピをご紹介。シンプルな味付けながら、お箸が止まらない一品です。

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る