違いはどこに?「かけそば」と「もりそば」の由来を調べてみた

皆さんは「ざるそば」と「もりそば」をご存じですか。何かが違うことはわかっているけれど、具体的な違いはわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は、多くの人がモヤッとしているであろう、ざるそばともりそばの違いについて解説いたします。

もりそばとざるそばって違うの?

みなさんは、「ざるそばともりそばの違いって何?」と聞かれたら何と答えますか。おそらく、大半の人が「海苔があるかないか」と答えるのではないでしょうか。

確かに現代では、ざるそばともりそばの違いは海苔のあるなしが代表的とされています。ですが、お店によってはどちらにも海苔が乗っていたり、メニューに片方しかないといった場合もあります。

実際のところ、ざるそばともりそばには海苔以外の違いはあるのでしょうか。また、これらに明確な基準はあるのでしょうか。今回は誰もが一度は疑問に思ったことがあるであろう、ざるそばともりそばについてまとめてみました。

もりそばとは?

最近では、「のりが載っていない冷たいおそば」という印象が強いもりそばですが、実は海苔が載っていないというわけではないようなのです。

もりそばの歴史は江戸時代にまでさかのぼり、ちょうど元禄の頃、「ぶっかけそば」という汁のかかっている温かいおそばがちょっとしたブームになっていました。今でいう「かけそば」のようなものでしょうか。

そのため、温かい「ぶっかけそば」と区別するために、汁につけて食べる冷たいおそばを「もり」と呼び、そばを器に高く盛ることもあって「もりそば」と呼ぶようになったのだそうです。

言われてみると、ざるそばともりそばのどちらもあるお店では、もりそばの方が気持ちおそばがこんもりと盛られているような気がしますよね。普段何気なく食べているおそばですが、こんな古くからの由来があったなんて驚きです。

ざるそばとは?

続いては、ざるそばです。最近では海苔の載ったものというのが定番になり、コンビニで販売されているざるそばでも海苔がついていますよね。

ですが、ざるそばの歴史も江戸時代にまでさかのぼります。当時の深川にあった「伊勢屋」というおそば屋さんでおそばを竹ざるに盛って出されたのが始まりのようです。そのあと、明治時代になってもりそばとの区別をしやすくするために海苔をかけるようになったそうですが、それまでは提供される器の違いだったのですね。

それまでお茶碗のような器に盛るのが一般的だったそばも、小さな竹ざるに入れ替えるだけで見栄えがよくなり、水切れも良いことからそばがより一層おいしく感じると評判になったようです。

確かに、今は家庭用としてもこの竹ざるを簡単に購入できるようになりましたが、普通の茶碗に盛り付けるよりもおそば用の竹ざるに盛った方がおいしそうに見えますよね。

もりそばとざるそばの違い

「もりそば」と「ざるそば」の定義をかんたんにご説明しました。海苔や器の違いがあるものの、それもお店によって異なり、なんだか明確な違いは何なのかがまだよくわかりませんよね。そこで、名前の由来や歴史も踏まえて、何がどう違うのかをご説明したいと思います。

名前の由来

現代では、あまり明確な違いが見られないもりそばとざるそばですが、その歴史はどちらも江戸時代にまでさかのぼります。

当時、庶民的なもりそばに対し、ざるそばはちょっと高級なものとされていました。と言うのも、まだまだそば粉が高級品とされていた江戸時代初期、そば粉をかいて作るお餅のような「そばがき」が一般的でした。このそばがきと区別するためにつけそばで食べるお椀に盛られたそば切りを「もりそば」と呼んでいたのだそうです。

そのあと、江戸時代中期になるとお椀だけでなく、器に凝るそば屋が増え、そのなかで「ざるに盛ってみよう」と考えた東京・深川のそば屋「伊勢屋」によって「ざるそば」が誕生したと考えられています。もりそばとざるそばには、このような名前の由来があったのですね。

何がどう違う?

江戸時代初期と中期にそれぞれ誕生したざるそばともりそばですが、この頃になると、そばを一回一回つゆにつけて食べるのがわずらわしいと考えるせっかちな江戸っ子が急増し、直接つゆを上からかけて食べる人が急増したのだそうです。

この食べ方が「ぶっかけそば」、「かけそば」と呼ばれるようになり、従来のつゆにつけて食べるおそば全般を「もりそば」と呼ぶようになったのだそうです。

そして、江戸時代中期に伊勢屋によって誕生したざるそばは、明治時代になるともりそばとは全く異なる高級そばとして、見ためはもちろん、味まではっきりと区別されるようになりました。と言うのも、当時は「ざるつゆ」と呼ばれるざるそばのためだけの特別なつゆが作られていたのだそうです。

器や海苔以外にも、もりそばとざるそばはこのような違いがあったのですね。このような歴史的背景を知ってからいただくおそばはより一層おいしく感じられそうです。

海苔のあるなしは関係ない?

今では、もりそばとざるそばの唯一の違いと言っても過言ではない海苔ですが、もともとは海苔のあるなしは関係ないのでしょうか。

先ほど、明治時代のざるそばともりそばには圧倒的な違いがあるとお伝えしましたが、当時は高級品であるざるそばをより華やかに見せるため、ざるそばにだけ海苔をトッピングしていたそうです。

ですが、今ではざるそばのためだけのつゆを作るそば屋がほとんどなくなってしまったことから、その違いは海苔だけになってしまいました。しかし、必ずしも海苔が乗っているものがざるそば、乗っていないものがもりそばというわけではなさそうですね。

せいろそばとかけそばは?

もりそばとざるそばの違いについてご説明しましたが、もうひとつ気になるのが「せいろそば」と「かけそば」ではないでしょうか。

江戸時代に一回一回そばをつゆにつけて食べるのが億劫と感じるせっかちさんが急増して「ぶっかけそば」や「かけそば」という呼び方が普及したことはお伝えしました。

そのあと、幕末に今ではそばの器としてすっかりなじみ深いせいろが登場し、現在では「ざるそば」「もりそば」、そして「せいろそば」の3種類が冷たいおそばの呼び名として一般的になっています。

ちなみに、「かけそば」は現在では、具がない(もしくは天かすや薬味程度)温かいおそばを意味することが多いようですが、こちらもお店や地域によって異なるようです。

先にご紹介した3種類の冷たいおそばの呼び名も、どれで呼ぶかはお店次第なのだとか。ざるそばでも、のりがない場合もあれば、ざるに盛られているのに「せいろそば」と呼ぶこともあるのだそうです。

どうやらメニュー名だけでおそばを判断するのは難しいようですね。現代ではあまり明確な違いはなくなってしまったので、わからない場合はお店の人に聞いてみるのがよいかもしれません。

歴史的背景を知ればより一層おいしくなる!

もりそばとざるそばの違い、いかがでしたか。

昔は明確な違いがあった二種類のおそば。簡単にまとめると、元々冷たいつゆをつけて食べるそばを「もり」と呼び、そこから器に高く盛られているものを「もりそば」としていました。一方、竹ざるに盛るという当時では高級感のあるものを「ざるそば」と呼んでいたようです。

現在では、海苔以外あまり明確な違いはなくなってしまった両者ですが、このような歴史的背景を知ったうえでいただくおそばはより一層おいしく感じられそうですね。

日本の食べ物には、このような歴史的背景や、あまり一般的には知られていないうんちくのある食べ物がたくさんあります。さまざまな歴史やエピソードがあってなり立っている今の日本の食文化。ありがたくいただきたいですね。
▼全国にはたくさんのそばがある!

特集

SPECIAL CONTENTS