意外すぎる!「ソフトクリーム」は英語じゃなくて日本の造語らしい

皆さんはソフトクリームを英語で何と言うか知っていますか?実はそのままでは通じないのです!英語でどう表現するか知っていれば、旅行中にその土地のソフトクリームが食べられます。今回はソフトクリームの海外での言い方や起源についてご紹介します。

2020年1月7日 更新

ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

ソフトクリームは和製英語?英語で注文する時は?

夏はもちろん、寒い冬でも食べたくなる、冷たくて甘いソフトクリーム。大人も子供も大好きな方は多いと思います。クリーミーでやわらかなソフトクリームは、カップのアイスクリームやシャーベットとは違いすぐに溶けてしまいますよね。
家では食べられず、外で食べることで一層おいしく感じます。最近ではその土地の特産物を使ったご当地の味も多く、旅行に行ったら必ずソフトクリームを食べる!という方も多いのではないでしょうか。そんな方は、日本国内のみならず海外旅行でもソフトクリームにひかれるのでは。
ソフトクリームは英語に変換すると「soft cream」で、海外でも通じる英語と思われがちです。ですが、これはソフト(soft)とクリーム(cream)が合体しただけの和製英語であって、実は英語圏では通じないんですよ。
海外でもおいしいソフトクリームが食べたい!そんな方のために、ソフトクリームの英語表記、注文方法などをご紹介していきます。「soft creamをください!」と言って保湿用のクリームが出てこないよう、旅行前に是非参考にしてくださいね。

ソフトクリームは英語でなんていうの?

では、ソフトクリームは英語でどう表現するかのか、それは「soft serve ice cream(ソフト サーブ アイス クリーム)」です。直訳すると“やわらかく提供されるアイスクリーム”。まさに状態そのままを表現した内容です。もし、海外に行ってソフトクリームが食べたければ、「Do you have soft serve ice cream?」(ソフトクリームはありますか?)と言ってみましょう。
ところで、日本語でのアイスクリームとソフトクリームの呼び方の違い分かりますか?原材料や形、地域性?など、色々と想像してしまいますが、実はただ単純に硬さが違うだけなのです。一般的に、アイスクリームよりやわらかいものをソフトクリームと呼んでいます。

コーンの部分を含める?含めない?

海外でのソフトクリームの呼び方についてご紹介しました。日本ではコンビニやファーストフード店、観光地の食事処など色々なところでソフトクリームを買えますよね。ですが、意外なことに、このようにソフトクリームが手軽に買える国は、日本の他にはあまりないという事実があるんです。
海外でたまに見かけるソフトクリームは、コーンにのっているものが多く、自分でソフトクリームの内容を選べる量り売りの場合は、カップで売られていることがほとんどなようです。「soft serve ice cream」は基本的にはコーンも含んだものを指しますが、コーンが無いお店ではカップで提供されているものをこのように呼んでいます。

アイスの起源は、なんと中国!

ソフトクリームやアイスクリームは、味や見た目から、ヨーロッパやアメリカの方からやって来た食文化に思えませんか?しかし、実際にはその発祥はアジア。しかも中国だといいます。中国でのソフトクリームの始まりは、なんと4000年も前にさかのぼるのだそうです。
紀元前2000年頃の中国では、家畜のミルクを煮てから雪で冷やし、やわらかくした氷菓子が作られていました。その頃は現在のようにやわらかいクリーム状ではなく、シャーベットのような食感のアイスミルクだったようです。まだ冷凍技術が発達していない頃から雪を使って甘い氷菓子を楽しんでいたとは驚きですね。
この中国で作られていたアイスミルクが各地に広まり、さまざまなアレンジを経て現在のソフトクリームやアイスクリームが作られるようになりました。ソフトクリームが日本で初めて売られたのが1951年と言われているので、中国のアイス文化は日本とは比べ物にならないくらい根深いんですね。

イタリアに持ち帰ったのはマルコポーロ

アイスクリームの由来発祥となった中国。中国以外の国にはどのようにしてこのアイスミルクが伝わったのでしょうか。中国からヨーロッパのイタリアへアイスミルクの製法を伝えたのは、世界を旅して周ったことで有名なマルコポーロだと言われています。シルクロードを旅したことで、中国からヨーロッパへアイス文化が広まったとは驚きです。
マルコポーロといえば、1295年にアジアを25年間旅して帰国しその行程で見聞した内容をまとめた「東方見聞録」が有名です。そのアジアを旅した間に、中国の北京で出会ったアイスミルクの製法をイタリアに持ち帰り、ソフトクリームがヨーロッパに伝わり始めたようなんです。
国を超え、時代も超えて、冷たくて甘いものは多くの人から人気がありますよね。冷蔵、冷凍技術の発達によって、ソフトクリームは各地方へ広まり、いまやどこの国へ行っても食べられると言えるほど世界で愛されるスイーツになりました。
ジェラートといえばイタリアの氷菓子の印象が強いですよね。しかし、このジェラートは、マルコポーロがいなければもしかしたら今は違った形になっていたかもしれません。マルコポーロによって伝えられたソフトクリームの起源が、現在のジェラートの原型になったということなんですよ。

日本にソフトクリームが登場したのはいつ?

さまざまな国を経て、そして長い年月をかけてアイスミルクは、やわらかいソフトクリームに変化してきました。その後、日本に初めて上陸したのは1951年と言われています。そして明治神宮のお祭りが開催され、ソフトクリームはその時に登場しました。このことがきっかけで、お祭りのあったその日をソフトクリームの日に制定したんだとか。
その後、アイスよりもやわらかく、食べやすいソフトクリームはあっという間に人気になり、ソフトクリームを販売する飲食店が増えていきました。現在ではコンビニやスーパーを始め、いたるところでソフトクリームは販売されています。サービスエリアなどでもソフトクリームを販売しているところはたくさんありますよね。
Photos:6枚
アイスクリームの注文の仕方
ソフトクリームの注文の仕方
アイスクリームにコーンを含める含めない
アイスクリームの発祥になった北京
イタリアのジェラート
日本のアイスクリームの歴史
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS