ライター : fukutatsu

フードアナリスト / グラフィックデザイナー

仙台在住。ライターをしながらケータリングサービス、レシピ提案などフード関連の仕事に携わっています。

「ごまをする」の意味とは?

「ごまをする」とは、自分よりも位の上の人に合わせて相手を持ち上げたり、お世辞を言ったりおべっかを使ったりして、どうにかよい印象を与えて自分が気に入られようと立ち振る舞うことを「ごまをする」といいます。

英語ではなんていうの?

「ごまをする」は英語で"Apple polisher"と言います。ごまをする人のことは"Apple polishing"。直訳すると「りんごを磨く」ということです。これは子供が先生に気に入られるために、りんごをピカピカに磨いて渡したことが由来だとか。

ではなぜごまなの?

ごまをするポーズってどこから来たの?

丁寧に丁寧にごまをすります。そうするとゴマの粒が砕かれて、だんだんとごまの油が滲み出てくるのでなめらかな舌触りに。そして、すったごまはスリ鉢の溝の中に入り込み、べったりとすり鉢やすりこ木にくっつきますよね。こうした場面が、ご機嫌取りの場面とそっくりだったことが由来なんです。

始まりは江戸時代末期

なぜこのようなさまを「ごまをする」というようになっていったのか?それは、江戸時代末期の書物の中で「追従するをおべっかといひしが、近世、胡麻を擦ると流行詩(はやりことば)に変名しけり」と紹介され、そこから相手が喜ぶようなことを伝えて媚びるさまを「ごまをする」と表現することになったんだとか。
この流行詩(はやりことば)の「ごまをする」という言葉がでてきてからは、「あいつコレだな」と陰口をたたくときに、ごまをすっているポーズを取るようになりました。その後芝居のなかで、お世辞をいってベタベタ媚びる場面において、ごまをするポーズを取るようになっていき、しだいにこのポーズが定着していったのです。

昔、小坊主さんがごま担当だった!?

諸説ある中で、その昔食卓に出す、ごまをするのが小坊主の役目だったといいます。ごまが上手にすれると和尚さんの機嫌がよくなり、ごまが上手にすれていないと、和尚さんの機嫌が悪くなったそうです。 そして、和尚の機嫌が悪いときに、ごまをすりましょうか?といっておべっかを使ったことから、ごますりが上手な小坊主はご機嫌取りも上手で「ごますり上手」といわれたという説があります。 小坊主さんというと、どうしても一休さんを思い出してしまいます。このごますり上手だったのが一休さんだったら面白いですよね。

「ごまかし」や「ごまかす」もやっぱりごま?

江戸時代には「胡麻胴乱(ごまどうらん)」というお菓子がありました。小麦粉の生地にごまを混ぜただけの焼き菓子ですが、ふっくらとしているのに中には何も入っていないことから、見かけはいいけれど、なんの中身もなく空っぽのもののことを胡麻菓子(ごまかし)というようになったという説があります。
Photos:5枚
透明の器に入った白ごま
木製のスプーンからこぼれ落ちた白ごま
ちょっとかわいらしくごまかすような仕草をする女性
女性が乗った馬が爽快に走る様子
すり鉢でごまをすっている人の手元
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS