目指せ素肌美人!「コムタンスープ」が美肌に効果的な理由

韓国料理のなかでも美肌効果が期待できるとされる「コムタンスープ」。その栄養価の高さはもちろん、牛肉をじっくりと煮込むことによる旨みがたまりません。今回はそんなコムタンスープの効果効能、レシピまでご紹介します!

韓国の人気料理「コムタンスープ」

焼肉屋さんでよく見かける「コムタンスープ」、あまりよく知らないという方が多いのではないでしょうか。

コムタンスープとは牛肉や内臓等をコトコトと長時間煮込んで作る料理のこと。「コム」は「膏飲(コウム)」が由来で、長い時間かけて煮出すという意味です。「タン」は"スープ"を指します。牛の各部位を煮込んだスープに、ゆでた牛肉を薄切りにしたものと、薬味を加えて食べるという、シンプルな料理なんですよ。

今回はそんなコムタンスープの栄養や効果効能、おすすめのレシピまでご紹介します。ぜひ、みなさんも作ってみてくださいね。

コムタンスープに含まれる栄養成分

モリブデン

コムタンスープは豊富な栄養素を含んでいて、そのうちのひとつがモリブデン。あまり聞きなれない名前ですが、モリブデンは代謝に繋がる重要な成分とされています。

健康面へのメリットとしては、貧血対策になること。血液を作るために鉄が必要なのは、よく知られていますよね。鉄は通常、肝臓に蓄えられており、体内の鉄が不足すると肝臓から供給されます。その運搬係を担い、造血をサポートするのがモリブデンなんです。

ビタミンB12

ビタミンは非常に種類が多く、なかでもコムタンスープはビタミンB12が豊富。ビタミンB12には、神経細胞が正常に働けるように、たんぱく質やアミノ酸などの合成をサポートする働きがあります。

コラーゲン

コムタンスープは、牛肉を煮込んで作るスープ。じっくりと火にかけることで、牛肉に含まれていたたんぱく質(コラーゲン)が溶け出し、コラーゲンたっぷりのスープに仕上がります。

そんなコラーゲン、実はわたしたちの体を構成してくれる大事な成分なんです。皮膚だけでなく骨や内臓、血管の中にまで含まれています。体内の新陳代謝によって新しいコラーゲンが生成され、きれいな肌が保たれているんですね。

コムタンスープの効果効能

美肌効果

「美肌」と聞いて思いつくのが、上でも登場した「コラーゲン」ですよね。皮膚に含まれているコラーゲンは、簡単に言うと肌の表面を支える土台の役割をしています。コラーゲンが不足すると土台がもろくなってしまうため、しわやたるみの原因となるんです。

コラーゲンは体内で分解されるので、摂取したからといってそのまま肌に作用されるわけではありません。しかし、コラーゲンの合成が体内で促されるため、美肌につながるとされています。

貧血対策

コムタンスープに含まれる"モリブデン"が貧血対策に効果的であることは、上でお話ししました。実は、ビタミンB12も貧血に悩む方に摂取していただきたい栄養素なんです!

ビタミンB12は、葉酸と協力して赤血球を作り出す働きがあり、造血につながります。赤血球は4ヶ月ほどしか体内で働くことができないので、常に作り出す必要があるんです。ビタミンB12やモリブデンが含まれているコムタンスープは、まさに女性の味方ですね!

コムタンスープのレシピ

材料(2人分)

・牛テール……2個(400g前後)
・ネギの青い部分……2本分
・生姜(薄切り)……3枚
・にんにく……3かけ
・塩こしょう……適量
・醤油……適量
・小口ねぎ……適量
・鷹の爪……お好みで
・ごま油……お好みで

作り方

1. テールを鍋に入れて、水から沸かします。沸騰してから10分ほど煮ます。ここで大まかなアクや汚れを落とすようにしてくださいね。

2. 1を火から降ろし、よく洗ってきれいにしましょう。大きめの鍋にテールを入れて、たっぷりの水とねぎ、生姜、にんにく、鷹の爪を入れてください。

3. 中火にかけ、沸騰したら弱火にします。アクを取りながら4~5時間を目安に煮ましょう。途中、スープが少なくなったら水を足します。

4. テールに竹串がスーッと通るようになったら、薬味を取り出します。野菜に火が通ったら、塩こしょう、醤油で味を整えて完成です!食べるときにお好みでごま油をひと回ししても◎

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう