韓国発!「電球ソーダ」について。味わえるお店から作り方まで

ピカピカ光る電球に入ったドリンク「電球ソーダ」。韓国から発信されSNS上で話題になり、今では日本原宿や新大久保、名古屋で購入できる電球ソーダのお店や、飲み終わったあとの電球の使い道、100均で作れる電球ソーダまでまるごとご紹介します!

2017年12月5日 更新

ライター : mofullon

30代女性、食専門のライターです。 食べること・飲むこと・料理・自家栽培・手仕事が好き。 日々、食のトレンド記事やレシピを読んだり書いたりしています。 海の近くに住んでいます。

韓国から浸透してきた「電球ソーダ」

「電球ソーダ」とはその名の通り、電球にソーダを入れたドリンクのこと。電球を代わりに使ってドリンクにするとは、なんとも意外性がありますよね!ボトルは本物ではないのですが、見た目はかなり完成度が高いです。 コロンと丸い形ですが、テーブルにもうまく立つんですよ。ドリンクもストローもとってもカラフルで、思わず写真を撮りたくなるかわいさです。

電球はピカピカ光る!

※画像はイメージです。
しかも、電球ドリンクのすごいところは、ただ電球の形をしているだけじゃないんです。電球だけに、なんとピカピカ光るんですよ♪ といっても、電球自体に電気が流れているのではなく、ストローの部分についている小さいライトが光っているという仕組みなので、安心して飲むことができます。

日本でも飲めるの?

現在日本では渋谷や原宿、新大久保や元町中華街など、さまざまなお店で販売しています。また、花火大会やお祭りなどの屋台でも販売されているそうですよ。 今回は電球ソーダが販売されている新大久保、原宿、名古屋の3店舗をご紹介します。韓国好きの方は見逃せませんよ!

日本で電球ソーダが楽しめるお店3選

1. 映像も楽しめる新大久保「カフェオン」

2012年6月オープンした「カフェオン(Cafe on)」。昼はカフェ、夜はバーとして楽しむことができ、大型スクリーンにはK-POPやアーティストのMVなどの映像が流れているため、韓国好きの方は特におすすめですよ!

ピンクレモネード

各680円(税込)
かわいらしいピンク色の電球ソーダは、爽やかな酸味が心地よい「ピンクレモネード」。カフェ オンで販売されている電球ソーダはほかにも、「ブルーレモネード」「桃エイド」などさっぱりとした風味のフレーバーがそろいます。 くるっと丸みのあるストローもかわいらしいので、インスタ映えも抜群です。新大久保にいったらぜひ足を運んでみてくださいね。

店舗情報

■店舗名:カフェ オン (Cafe ON) ■最寄駅:新大久保駅から徒歩2分 ■電話番号:03-6233-8864 ■営業時間:11:00~24:00 ■定休日:不定休(K-PLAZAに準ずる) ■禁煙・喫煙:全面喫煙可 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13154649/
Photos:1枚
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS