目の健康維持

スマホやパソコンを長時間使用することにより、眼の疲れを感じている方、多いのではないでしょうか。食用菊にはクサンテノンという成分が含まれており、疲れ目や目のかすれ、充血などに良いとされています。目を酷使している自覚のある方は、菊花茶として日常的に摂取するのがおすすめです。(※6)

体内の尿酸バランスを整える

わたしたちの身体の中では、尿酸が作られる量と排出される量のバランスがとられています。しかしこのバランスが崩れて血中の尿酸値が高くなると、尿酸が結晶化し関節痛の症状があらわれます。

菊花に含まれるポリフェノールは、尿酸が生成されるの抑制して尿酸の排出量を増やす作用があるため、体内での尿酸バランスを整える役立ちますよ。(※4)

血液の健康維持

食用菊には、ビタミンB群の一種である葉酸が含まれています。葉酸は、ビタミンB12とともに、赤血球が生成されるのをサポートする役割があります。葉酸をきちんと摂取することで、血液の健康維持につながりますよ。(※7)

食用菊の食べ方

使い方

食用菊は、やわらかい花びらの部分と、根元の硬い“ガク”という部分があります。食べるのは、花びらのほう。ガクは硬いだけでなく苦味もあるため、食べることはしません。ガクから花びらをちぎって、料理に使うようにしましょう。そうすれば、菊のほのかな風味を感じられますよ。

調理例

お刺身に添えられている菊は、花びらを醤油に散らしお刺身につけていただきます。また、花びらを汁物にトッピングしたり、衣をつけて天ぷらにするのもいいですね。乾燥させてカップに入れてお湯を注げば、菊花茶(きっかちゃ)として楽しめますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS