あなたは知ってた?フランスの伝統菓子「サントノーレ」の魅力を総まとめ

サクサクのパイ生地に、カラメルのかかったシューと甘いクリーム。あなたは、そんな特徴を持ったフランスの伝統菓子「サントノーレ」を知っていますか?日本ではあまり馴染みのないそのスイーツの、特徴や作り方、食べられるお店まで、魅力を総まとめ!

かわいさ溢れる「サントノーレ」

みなさんは、「サントノーレ(saint-honoré)」というスイーツを知っていますか?
まるで積み木を重ねたかのようなそのビジュアルと、思わず顔がほころんでしまいそうな色合いは、まさに女の子の夢とも言えますよね!

フランスでは伝統的なお菓子として知られているのですが、日本ではさほど親しみがなく、見たことがない、初めて聞いたという方も少なくないと思います。

「サントノーレ」ってどんなケーキ?

サントノーレとは、円盤状のパイ生地を土台に、ふちにはカラメルを塗ったシューを、中央にはクリームをたっぷりと絞ったケーキのことです。フランスでは、特別な日に食べられることが多く、アレンジがしやすいため根強く愛され続けています。

今まで、日本であまり目にしなかったことが不思議なくらい、女の子のハートをがっちりと掴むケーキですよね!

パリの「サントノーレ通り」との関係は?

フランスの首都・パリには、「サントノーレ通り」という通りがあるのですが、ケーキのサントノーレとはどのような関係があるのでしょうか。

名前の由来となった

どちらの名前が先かというと、通りのほうが先に「サントノーレ」と名付けられました。そんなサントノーレ通りでお店を開いていたシブースト氏というお菓子職人が、このケーキを考案したことがきっかけとなり、「サントノーレ」と名付けられたとされています。

あくまで諸説あるうちの一説にすぎませんが、同じ名前を持っている以上、無関係とは考えにくいですよね。

サントノーレの作り方

材料

・パイ生地(冷凍市販品でもOK)

【シュー生地】
・水
・無塩バター
・塩
・薄力粉
・卵

【サントノーレクリーム】
・カスタードクリーム
・板ゼラチン
・砂糖
・水
・卵白

【シャンティクリーム】
・生クリーム
・砂糖

【飴】
・砂糖
・水

作り方

パイ生地は数箇所フォークで穴を開けて、丸くカットします。シュー生地は、パイ生地を底に敷いた器の形になるようにひとつと、あとは丸い形でいくつか絞り出し、オーブンで焼きましょう。次にカスタードクリームを作り、半量にはゼラチンを加えます。そのあと、メレンゲも一緒に合わせて再び混ぜます。

器のシューにクリームを入れ、半量残しておいたカスタードクリームは丸いシューに詰めます。飴の材料を鍋で加熱し、シューに塗って、固まったら土台のふちにのせていきましょう。仕上げに、お好みでトッピングをして完成です。

東京でサントノーレが食べられるお店5選

とてもかわいらしいサントノーレ。プロが作ったものを、一度は食べてみたいですよね。とはいえ、サントノーレを作っているお店は、まだまだ限られています。東京都内でおすすめの5店をピックアップしましたので、参考にしてみてください。

1.ル・ププラン

フランスの菓子コンクールで1位を獲得したこともある岡本シェフ。「ル・ププラン」では、彼の作る本格的なフランス仕込みのケーキを味わうことができます。シンプルで上品な雰囲気の店に客足が途絶えることはなく、その人気の高さを伺えますね。

サントノーレ

カラメリゼされたシューには、バニラビーンズの香りが広がるカスタードがたっぷり!バターの風味をしっかり味わえるパイ生地と、中のキャラメルクリームが、リッチな気分にさせてくれます。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう