ローディング中

Loading...

たくさんの銘菓がある福岡県ですが、見逃せないのが『筑紫もち』なんです。柔らかいお餅にまぶしてあるきなこ、そこに黒蜜をたっぷりかけていただきます。これ、山梨の『信玄餅』にとっても似ているのですが、どのような違いと特徴があるのでしょうか?

「筑紫もち」ってどんなお菓子?

福岡県福岡市博多区に博多駅前に本店を置く「如水庵(じょすいあん)」が、販売している銘菓「筑紫(つくし)もち」。福岡県に住んでいる方なら誰でも目にしたことがあるお菓子です。

私も福岡県出身であり、筑紫もちは小さいころからよく食べていました。学校から帰ってきたときに、食卓のおやつに筑紫もちがあると、大事に食べていたのを、今でも思い出します。

今回は、その福岡銘菓「筑紫もち」をご紹介します。

「筑紫もち」の特徴

「筑紫もち」は、如水庵の社長・森恍次郎が小さいころに食べた、祖母のきな粉もちからヒントを得て、1977年に作られました。筑紫もちは「きな粉餅」と「黒蜜」が入っているお菓子です。

筑紫もちの製造方法は、蒸練機という機械でもちを練り上げていきます。「蒸練」というのは、蒸気をお餅に練っていくことです。そのあと、専用の釜で砂糖を入れ、さらに練っていきます。通常でしたら、もちは冷めると硬くなるんですが、秘密の配合により筑紫もちは硬くならないのだそう!その後、冷ましたもちを機械で均等にカットし、きな粉をまぶしていきます。

容器にやわらかいきな粉餅を3つずつ入れる作業は、機械では到底難しいので、手作業で行われます。その後、容器にふたをし、パックされた黒蜜を機械でのせていきます。できあがったものを機械で包装し、最後に楊枝を手作業で1本1本入れたら、「筑紫もち」が完成します。

包装紙はピンクと白を基調とした高級感漂う色合いで、博多しぼり風(風呂敷包み)のような高級感のある見た目です。きな粉餅に黒蜜をかけて、専用の楊枝で食べますが、お餅が本当にもちもちで、きな粉の風味が口全体に広がります。黒蜜も甘ったるくなく、さっぱりとした味わいでパクパクと食べられます。

山梨銘菓「信玄餅」との違いとは?

よく言われているのが「桔梗信玄餅」と「筑紫もち」って同じではないの?ということです。確かにお互いきな粉餅に黒蜜ではありますが、決して同じではありません。

まず、販売開始は桔梗信玄餅が1968年と、筑紫もちよりも歴史があります。次に見た目の違いです。桔梗信玄餅はピンクの模様の入った透明のビニールで縛ってありますが、筑紫もちはピンクと白の薄い和紙で包まれています。そして、黒蜜の入れ物は、桔梗信玄餅は小さな容器、筑紫もちは四角い袋です。きな粉の量ですが、信玄餅はたっぷりときな粉が入っているのに対して、筑紫もちは信玄餅に比べると、少なめのきな粉が入っています。

肝心のお味は、桔梗信玄餅の黒蜜が少し濃く、きな粉も多いので、筑紫もちの方がさっぱりした味わいなんですよ。

筑紫もちの名店「如水庵」

博多駅前本店は、JR博多駅から歩いて3分ほどのところにあります。外観もきれいで、大きい店舗ではありませんので気軽にふらっと立ち寄ることができます。中に入ると、筑紫もち以外にも福岡の銘菓がたくさん置いてあり、つい見入ってしまいますよ。

お土産にはもちろんのこと、自分へのご褒美に、帰りの電車でひとつまみ、というのもいいかもしれませんね!
筑紫もちは、2014年のモンド・セレクションで、7年連続最高金賞を受賞しています。高級感のある包装は、お土産用として誰に贈っても喜ばれるひと品です。良質な大豆を使用したきな粉は、食べるとその香ばしさが口全体に広がりますよ。価格も1個120円からと、お手ごろです。ネット通販では3個パックから45個入りまでと、個数も幅広く対応しています。

子供からお年寄りまで、今も昔も愛され続けている福岡銘菓です。ちなみに、「筑紫もち」の読み方は「つくしもち」でも「ちくしもち」でもどちらでも大丈夫。正式にいうと「つくしもち」ですが、福岡に「筑紫野(ちくしの)」という場所があり、「ちくしもち」と読んでも通じるようになったようですよ。

如水庵 店舗情報

■店舗名:五十二萬石 如水庵 博多駅前本店
■最寄駅:JR博多駅
■住所:福岡県福岡市博多区博多駅前1-24-10
■電話番号:0120-39-0052
■営業時間:[月~金]9:00~19:00 [土・日・祝]9:30~18:00
■定休日:無休
■参考URL:http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40002472/
■公式ブログ:http://52-net.com/blog/index.html
また、直営店は、JR博多駅構内に4店舗、駅構内以外の福岡市博多区内に10店舗、その他の福岡県内に11店舗、宮崎県に1店舗展開されています。また、福岡県古賀市に工場もありますよ。工場直売もありますので、ぜひとも足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

「筑紫もち」の食べ方

ここでは筑紫もちの食べ方をご紹介します。
まず、楊枝を抜き取り包装紙を開け、黒蜜の袋を取り出します。次に容器のフタを開け、きな粉餅とご対面します。そこできな粉餅にお好みの量の黒蜜をかけます。そして、専用の楊枝できな粉餅を取り、黒蜜ときな粉と絡めながら食べます。黒蜜の上品な甘さと、きな粉の風味を存分に味わってください。

あなたも味わってみては?

いかがでしたか?
私も福岡出身ですが、どの地方の銘菓にも、歴史があり、みなさんの気持ちを若返らせてくれる思い出があると思います。そんな気持ちになる銘菓を、私たちの子供の世代へ、それよりもっとあとの世代に受け継いでいけたら、それはとても嬉しいことだなぁ……と思いながら過ごす今日この頃でした。みなさんもぜひ「筑紫もち」を食べてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ブーム到来の予感! ワインのようなフルーティーさが人気 「北欧コーヒー」とは?

アメリカや日本といった世界でも有数のコーヒー消費国をおさえ、フィンランドやノルウェーといった北欧の国々が世界のなかで圧倒的な消費量を誇ることをご存知ですか? 実はここ最近、その独特なフルーティーな風味がウケ、…

実は知らないことばかり!? ブラジルコーヒーの楽しみ方

ブラジルといえば、コーヒーの生産で有名なのをご存知でしたか?今回は「ブラジルコーヒー」についてご紹介します。ブラジルにはコーヒーの秘密がいっぱい!ブラジル人は超甘党で砂糖をたくさん入れるとか!?併せて、淹れ方…

【意外過ぎ】京都には「食べるお香」がある!? 食べる○○の常識を逸脱!!

最近、食べる○○というジャンルのグルメが増えてきましたよね。実は京都には驚きの食べるお香が存在するのです。一体どのようにしてお香を食べているのでしょうか…?

サードウェーブ・コーヒーとは? 珈琲好きへオススメする3つの理由

コーヒー好きの間で話題となっている「サードウェーブ・コーヒー」。なんでもファーストウェーブ、セカンドウェーブと続く、コーヒー界における新たなムーブメントのことを指すのだとか。一体どのような特徴があるのでしょう…

もはやワインなの!? ハチミツの香り&“極”がつく超甘口「貴腐ワイン」の魅力とは?

独特な酸味や渋みが苦手な人も多いワイン。一方、値段と品質が単純に比例しない奥深さをもつなど、その世界にハマる人も多いですよね。実は、甘口・辛口などで区分されるワインの味わいの概念を覆すようなワインが存在するん…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

キットで簡単!おうちでできるキュートなハロウィンスイーツレシピ♩

まもなくやってくる、ハロウィン!今年はハロウィンスイーツをおうちで作ってみませんか?かわいいアレンジテクや恐怖のケーキの作り方などをたっぷりとご紹介します♩ハロウィン当日はもちろん、ハロウィンまでの日数も思う…

連載記事

旨味とろーり♩口どけなめらかな『あんかけ豆乳茶碗蒸し』で冷えた体をポカポカに

肌寒い日が続くと温かな食事が恋しくなりますね。今回は、そんな時にぴったりな体をポカポカにしてくれる茶碗蒸しのご紹介です。豆乳を加えることで、なめらかでクリーミーな仕上がりに!しいたけの旨味がきいたあんをたっぷ…

横浜でもつ鍋を食べるなら!シーン別おすすめ店舗10選

秋も深まり寒くなってくると温かい鍋料理が恋しくなりますね。おしゃれな港町として知られる横浜にはいろんなグルメ店がありますが、もつ鍋がおいしいお店が多いことでも有名。JR横浜駅を中心に、もつ鍋の有名店や評判の人…

ページTOPに戻る