愛知・知立名物「あんまき」って?もちもち食感がやみつきに!

「あんまき」って知っていますか?あんまきは愛知県知立市の名物和菓子。長方形に焼かれた薄めのどらやき生地であんこをくるっと巻いたお菓子です。少しモチモチした生地と甘いあんこが絶妙にマッチ!愛知県のおみやげにもおすすめですよ。

あんまきとは?

みなさんは「あんまき」って知っていますか?
あんまきとは、愛知県知立市の名物和菓子。少し薄めのどら焼き生地を長方形に焼き、海苔巻きのようにあんを包んでいるお菓子です。少しモチモチした生地と、あんこがマッチした甘いお菓子は、日本茶と一緒にいただくのがおすすめです。

江戸時代、知立付近では麦の栽培が盛んで、小麦粉を焼いたものに、塩あんのあずきを挟んだのがあんまきのが始まりとされています。焼き菓子の中にあんを入れた素朴なお菓子は、当時と変わらず現在も大人気。あんこ大好きな愛知県では、年配の方だけでなく、若い方や子どもにも、たくさんのあんまきファンが存在します。また、知立市名物とされていますが、愛知各所でも購入できるため、愛知土産として買って帰る観光客も多いのだそうですよ。

あんまきの老舗、藤田屋と小松家

知立市名物のあんまきですが、特に有名な店舗が、「藤田屋」と「小松屋」です。この2店舗、それぞれの特徴を紹介していきます。

藤田屋の大あんまき

あんまきといえば、「藤田屋の大あんまき」が浮かぶ人も多い、知名度抜群の店舗です。知立市の国道一号線に面した藤田屋の本店は、「昔ながらのドライブイン」といった風情の食堂です。一見和菓子を販売している店舗には見えませんが、「大あんまき」の看板が掲げられているのですぐに分かります。大あんまきは、食堂入口で販売しているので、お菓子だけの購入も可能です。

本店以外にも7店舗を構えており、各地で出張販売も行っています。駅やサービスエリア、百貨店などで販売されているので、購入しやすいのも藤田屋の特徴です。藤田屋の大あんまきは、その名のとおり「ひとりで食べるには大きすぎるのでは?」と思えるボリュームです。それでも、ペロリと食べてしまえるのは、砂糖控えめに作られているから。あっさりした甘味で、最後までおいしく食べられます。

あんまきの種類は、プレーンなあずき味の「大あんまき 黒」、白あんの「大あんまき 白」、「チーズあんまき」、「カスタードあんまき」、「栗あんまき」、「抹茶あんまき」、あんまきに衣をつけて揚げた「天ぷらあんまき」となっています。店舗によっては、ピーナッツ、チョコ、塩キャラメルなどの限定味を扱っていることもあります。

▼詳しくはこちらをどうぞ

小松屋のあんまき

知立市の、旧東海道沿いに店舗を構える小松屋本家は、昔ながらのこじんまりした和菓子屋さん。移動販売なども行っていますが、こちらの店舗でできたてを食べるのがおすすめです。川には、知立市のご当地キャラ「ちりゅっぴ」が描かれています。

手焼きの生地に、あんこをくるりとくるみ、店舗で手作りをしています。あんまきの種類は、「粒あん」と「白あん」の2種類。家に持って帰って、マーガリンを塗ったり、凍らせてアイスあんまき、衣をつけて天ぷらあんまき、などのアレンジもおすすめです。

▼詳しくはこちらをどうぞ

東京であんまきを食べるなら「だるまや」

愛知県知立市名物のあんまきですが、東京でもいただくことができちゃいます。だるまやのあんまきは、北海道十勝産の小豆にこだわった、あっさりと上品な味わいが特徴です。
商品のラインナップは、「あんまき」、「栗あんまき」、「抹茶あんまき」、「チョコまき」となっています。さらに、カスタードとあんのコラボレーションが楽しめる「カスタードあんまき」、クリーミーなチーズを加えた「チーズあんまき」の新商品2種類も好評です。

店舗紹介

■店舗名:あんまきのだるまや 伊勢丹府中店
■最寄駅:府中駅
■住所:東京都府中市宮町1-41-2 伊勢丹府中店 B1F
■電話番号:042-334-1111
■営業時間:10:00~19:00
■定休日:不定休(伊勢丹府中店に準ずる)
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1326/A132602/13179589/
■公式HP:http://anmakidarumaya.com/

お家でできる「あんまき」のレシピ

ホットケーキミックスでつくるあんまき

特集

SPECIAL CONTENTS