五感を刺激する炉端焼きの魅力と全国の超人気店を紹介

「炉端焼き」をご存じですか?炉端焼きのお店では、目の前に置かれた新鮮な魚介類や野菜から好きなものを選んで、目の前で焼いてもらえるんですよ。見て、食べておいしい炉端焼きの魅力と、各地のおすすめ炉端焼き店をご紹介します。

炉端焼きとは?

仙台発祥の炉端焼き

炉端焼きとは、宮城県で生まれ、北海道で育っていった炭火焼き料理です。主に魚介類や野菜を囲炉裏で焼き、それを囲炉裏の端においてお客へ提供するスタイルが基本となります。

また、料理を運ぶための長い”しゃもじ”もこの料理の特徴です。

炉端焼き発祥のお店からたくさんの弟子が全国各地で店を出したことで、全国でこの炉端焼きが食べられるようになりました。現在では、伝統の炉端焼きスタイルの他に、「セルフ炉端焼き」という自分で食材を焼いて食べるスタイルのお店もあり、ここ数年人気の「牡蠣小屋」もこのスタイルに近いものとされています。

炉端焼きの名前の由来

炉端焼きの「炉端(ろばた)」とは、囲炉裏のそばという意味で、囲炉裏で焼いた料理を囲炉裏を囲ってそばで食べていたことから、「炉端焼き」と言われるようになったと言われています。

炉端焼きで使われる食材

【食材その1】鮮魚や一夜干しの魚

炉端焼きといえば、やはり魚を焼いたものが定番メニューとなります。中でも、一夜干しのほっけやきんきなどがよく見られるメニューです。

旨みが凝縮された一夜干しは、焼くことでジューシーになり、ホクホクの身はほどけるように柔らかく、絶品ですよ。

【食材その2】新鮮な貝

貝類も、炉端焼きでは定番的な食材のひとつです。
新鮮な貝を囲炉裏の強火であぶると、旨みがたっぷりの汁が溢れてきます。焼き手の絶妙な焼き加減により、一番おいしい時を見計らって提供されます。

【食材その3】新鮮な野菜

炉端焼きでは旬の魚介類の他、新鮮な野菜も定番食材です。囲炉裏で焼くだけのとてもシンプルな調理法なので、野菜を旨みを損なうことがなく、素材そのもののおいしさを味わえます。

全国の炉端焼き人気店

今や炉端焼きは全国に広がっている料理です。鹿児島から大阪、名古屋、東京と全国各地にある炉端焼きの人気店をご紹介します。

大阪「漁火(いさりび)」

梅田駅から歩いてすぐ、地下1階にのれんをかけている「漁火」は、創業40年の老舗です。メニューはアラカルトだと300円均一と大変リーズナブルなので、いろいろな食材を食べたい人にぴったりです。
広い店内に大きな炉端カウンターがふたつ設置されていて、新鮮な魚介類を焼き上げ、櫂(かい)にのせて提供するスタイル。それが受けてか、お店はいつも満員御礼。おいしいもの好きな人たちの歓声でいつもにぎわっています。

店舗情報

特集

SPECIAL CONTENTS