ライター : きょこたん

オシャレ大好き! 食べることはもっと好き! 最近パンにハマっているきょこたんでっす♡

「洋酒膳房 梵庫バー(BONCOBAR)」

※こちらの店舗は閉店しています。

「ウイスキーソーダを飲もう!」

2014年3月に新橋にオープンした「洋酒膳房 梵庫バー(BONCOBAR)」 店名の「梵庫」は「ぼんこ」と読みます。 コンセプトに「ウイスキーソーダを飲もう!!」を掲げており、目指したのは白いバーコートを着たプロのバーテンダーが迎えるオーセンティックな洋酒バー。
築60年以上の古民家2階。 お店はそこにあります。
建物1階にある急勾配な階段を登ります。 足下にお気をつけ下さいまし。 おばあちゃん家を思い出すなぁ。
階段を登りきるとバーカウンターが・・・ここ、良いな。
もともとは和室。 ゆえに窓の高さも低いのだそうです。 渋い。
うん、渋い。 相当カッコいい。

ウイスキーソーダへのこだわり

コンセプトドリンクのウイスキーソーダは、約50種類揃えた国内外のウイスキーに、炭酸のしっかりとした国産ソーダで作るのがこだわり♪ レシピは老舗ホテル出身の熟練バーテンダーであった平田氏によるものです。
本物のウイスキーソーダの美味しさを気軽に楽しんで欲しいとのことから、シングルは1杯300円から、ダブルが450円からとなっています。
ふらっと一人でも立ち寄れちゃいますね〜
ベースのウイスキーは、馴染み深い国産ブランドから、スコッチ、モルト、ブレンデッド、アメリカン、カナディアンなど産地毎、名だたるブランドを置いてあります。
※画像はイメージです
なかにはブッカーズのような銘酒もありますよ〜
もちろんビールもあります♪
もちろんバーですから、このようなオリジナルカクテルもあります٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
こちらはモスコミュール☆
ダイキリなんかも♪

料理はシェフが造る本格ビストロベースの洋食

料理は、本場経験も深いフレンチ出身の村田シェフの手によるビストロ料理ベースの洋食。
「バカラオフリット」
「合鴨と千寿ねぎのスモークマリネ」
「チキンカツレツ ソースタルタル」
「トリッパのガーリックソテー」
「イチジクの赤ワイン煮コンポート」
古民家の空気、そして昭和のバースタイルが一体化し、大人の空気感を醸し出しています。 新橋を訪れた際は、一度足を運んでみてはいかがかしら?

店舗詳細

店名 洋酒膳房 梵庫バー BONCOBAR(ボンコバー) 住所 東京都港区新橋4-29-6 2階 アクセス 新橋駅より徒歩5分 電話 03-3431-3355 営業時間 月~金 17:00~23:30 土   16:00~23:00 定休日 日祝 坪数席数 15坪(2・3F併せて) 22席(2Fのみ)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS