奇跡の塩「ぬちまーす」とは? 注目の栄養価&おすすめレシピ

長寿大国・日本。なかでも特にご長寿が多い沖縄で、その高い健康効果から"奇跡の塩"と呼ばれている「ぬちまーす」をご存じですか? 栄養豊富でさまざまな料理に活用できる「ぬちまーす」。今回は、人気の商品やおすすめレシピをご紹介します。

2019年5月17日 更新

沖縄の塩「ぬちまーす」とは

「ぬちまーす」とは、沖縄の美しい海水100%を原料とした海洋成分豊富な海塩です。今では沖縄の人気土産にもなっている「ぬちまーす」ですが、実はこの「ぬちまーす」は、研究に研究を重ねた結果生まれた貴重な商品なんですよ。

「ぬちまーす」の誕生秘話

当時、蘭の栽培が盛んだった沖縄ですが、蘭は栽培が非常にむずかしく、すぐ根腐れを起こしてしまうため非常に高価なものでした。そこで、現在の「株式会社ぬちまーす」の社長がそれまで勤めていた航空会社を辞めて蘭の栽培に転向し、ビニールハウスで蘭栽培を始めたところ、暑さに弱く根腐れしやすい蘭を傷めずに育てられる装置を発明。

そしてその装置で蘭に霧状の水を散布している際に、「水を散布させると何も残らないが、海水を散布させれば気化して塩ができるのでは?」と、ひらめいたのが始まりだとか。こうして100回以上の実験を重ね、できあがった粉雪のような塩が「ぬちまーす」なのです。

「ぬちまーす」の製法

「ぬちまーす」の注目すべきポイントは、まずその製法にあります。海水を霧状に噴射し、温かい風をあてることで余分な水分だけを蒸発させる独自の製法。これによって、塩の主要成分であるミネラルすべてが結晶化され、栄養成分を失うことなく凝縮されています。

従来の製法では、微量のミネラルまでは結晶化することができず、どうしても塩になる段階でその栄養成分が損なわれていました。そのため、塩としても純度が低く、粗くなってしまっていたのです。

これに対し、「ぬちまーす」は非常に純度が高いため、口当たりがよく、甘味、酸味、苦味のバランスもよく、毎日の食卓に手軽に取り入れることができます。

「ぬちまーす」ってどういう意味?

沖縄の方言で、「ぬち」は命、「まーす」は塩を意味します。沖縄の美しい海水100%を原料に、特殊な製法で作られた「ぬちまーす」は余計なものを一切使用していない、純度が高く、海洋成分が豊富な塩です。

夏になると、脱水症や熱中症対策として塩分が入ったドリンクやキャンディーなどが数多く売り出されますよね。海洋成分は、それだけ人間の生命維持に欠かすことができない重要な栄養素であり、「ぬちまーす」はそういった点から「命の塩」と名付けられました。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mayumi0610

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう