酢豚はダイエット中OK?カロリーや隠された効能とは

野菜とお肉を一度に摂取することができ、栄養もたっぷりでボリュームもあるので、老若男女に大人気の中華料理として知られている「酢豚」。そんな酢豚のカロリーや効能、ダイエット中の取り入れ方など紹介していきます。

みんな大好き酢豚!

ご飯にもビールにも合う酢豚。子供から大人まで人気の中華料理のひとつですよね。野菜もお肉もたくさん摂ることができ、ほどよい酸味と甘辛い味がクセになる料理です。

さまざまな野菜を使用していて健康にも良さそうですが、気になるカロリーや栄養について、見ていきたいと思います。

気になる酢豚のカロリーは?

酢豚のカロリー

100gあたり約115kcal、1人前(約210g)だと約242kcalです。

上記は酢豚単体のカロリーですが、酢豚は単品ではなく、定食などのご飯がセットになっていることが多いですよね。定食の場合は、その分カロリーも増えるので、食べ過ぎには注意しましょう。

酢豚が高カロリーである原因

色とりどりの野菜をたっぷり使っていますが、酢豚は油をたっぷり使用しているため、カロリーは高めです。具材を揚げてから、炒めるという調理方法や、酢豚にとって欠かせない「餡(あん)」が、油を吸収してしまうことが原因のようです。

また、中華料理屋さんによっては、具材を二度揚げすることも多いので、意外と高カロリーなんですよ。

女性の味方!酢豚の美容・健康効果

疲労回復効果

その名の通り酢豚には酢と豚肉が使われています。これらふたつの共通点としては、疲労回復を促す食品ということです。

豚肉に含まれるビタミンB1は糖質の代謝を促し、またお酢には糖分と一緒に摂取するとエネルギーの活力減となるグリコーゲンを増やす作用があります。いずれもエネルギー生産を助け、疲労の回復に効果的です。

美肌効果

お酢の中でも黒酢には、美容効果が期待されています。アスパラギン酸、セリン、プロリンなどの美肌を作るアミノ酸がたっぷり含まれています。

アスパラギン酸は肌の新陳代謝、セリンは肌の潤いを保ち、プロリンはコラーゲンの合成を促すなど、それぞれの成分が美肌に導く効果が期待できるんです。

血圧安定効果

黒酢に含まれるアミノ酸には、血栓を取り除き血液をサラサラにしてくれる効果も期待されています。また、脂肪分解酵素の働きを活性化させ中性脂肪や悪玉コレステロールの抑制、血圧を通常の値に戻すなど、様々な健康効果が期待できます。

酢豚の具材・パイナップルの効果とは?

フルーツとして食べるパイナップルは好きだけど、酢豚に入ってるパイナップルはあたたかく、食感が苦手、という方も多いのではないでしょうか?

しかしそんなパイナップルも無意味に入っているのではなく、ちゃんとした意味があるんです!

お肉を柔らかくする

パイナップルに含まれる「ブロメリン」には、お肉のたんぱく質を分解してくれるため、一緒に炒めることで酢豚のお肉を柔らかくしてくれます。

しかし、ブロメリンは60度以上で加熱されると消えてしまうため、加熱のしすぎに気をつけましょう。

消化吸収を助ける

先ほどご紹介したブロメリンには、消化吸収を助ける働きがあり、胃腸にかかる負担を軽くしてくれます。また、パイナップルには酸味の元となるクエン酸も含まれており、同じように消化吸収を助けてくれます。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

りこぴん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう