ローディング中

Loading...

糖質制限ダイエット中、どんな食材がOKなのかNGなのか悩まれる方も多いのでは?フルーツほどは甘くなく、肉類のようにハイカロリーではありませんが、とうもろこしはどうなのでしょうか。とうもろこしの栄養や糖の種類などを紹介します。

夏にぴったりのとうもろこし!

夏に近づいたきた今、とうもろこしがおいしい季節になってきましたね。BBQでは定番の食材メニューで、夏になると食べたくなるという方も多いのでは?コーン缶詰などで一年を通して食べることができますが、旬の時期のみずみずしい、新鮮なとうもろこしは格別ですよね。

また、同時に糖質制限ダイエットが流行っていますが、甘みの強いとうもろこしは糖質制限中に食べてもいいのでしょうか?とうもろこしの栄養や成分などと一緒にみていきましょう。

とうもろこしの栄養成分

とうもろこしの主成分は主に炭水化物で、ビタミンB1、B2、Eなどに加えて鉄分や葉酸、カリウム、マグネシウムなどの各種ミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいます。

粒の皮には、不溶性食物繊維がさつまいもの約4倍も含まれています。水分を吸収して大腸で数十倍膨らむので、便秘には効果がありますが、糖質やカロリーで太る可能性があります。

とうもろこしのカロリー

とうもろこしのカロリーは、100g(生)92kcal(ゆで)99kcalと穀物の中では低カロリー。しかし水分以外の80%を糖質(炭水化物)が占めているので、野菜よりも主食といえるでしょう。

実際に中南米のトルティーヤやタコスのように、とうもろこしの粉を加工して主食として食べられています。

とうもろこしが含む糖質の種類

中サイズのとうもろこしで可食部は約200gくらい。1本で37.4gほどの糖質を摂取することになります。この糖質の量では、ご飯1杯(36.8g)とほぼ変わらない量なんです。

そんなとうもろこしに含まれる糖質には、ブドウ糖や果糖などの「単糖類」、砂糖などの「2糖類」、そしてでんぷんが主になっている「多糖類」があります。 とうもろこしの糖質は多糖類です。ほかの糖類と比較すると甘みが弱く、吸収が遅いのが特徴です。

糖は糖でもどのような糖があるのか、ご紹介していきます。

果糖(フルクトース)

単糖類というのは糖が分解されつくした最小の分子で、それ以上分裂できない状態のものを指します。ご飯やパン等の穀類やとうもろこし、芋類に含まれるデンプンや、砂糖などの糖類は、口から入って胃腸で分解され、ブドウ糖や果糖などの単糖類となって吸収されます。吸収がとても早いのが特徴です。

この果糖とブドウ糖が結びついたものが「ショ糖」です。糖質のうち、ショ糖と果糖の割合は、とうもろこしの品種によって異なります。そんなショ糖をみていきましょう。

ショ糖(砂糖)

ショ糖は、日常の生活で料理に使ったり、コーヒー・紅茶に入れたりする砂糖のことで、ショ糖の成分はブドウ糖と果糖が合体したものです。ショ糖(砂糖)は、体内に入ると水分で瞬時に分解され、ブドウ糖と果糖に分かれて吸収されていきます。ブドウ糖と果糖が半分ずつなので、ブドウ糖よりは血糖値の上がり方は、比較的緩やかといわれているそうです。

デンプン(多糖類)

とうもろこしに含まれるデンプンからは、料理のとろみ付けや焼酎・ビールなどの原料となるコーンスターチが作られます。食用と違って加工用のとうもろこしは、デントコーン(馬歯種)やワキシーコーン(糯種)といった品種が使われ、日本の加工用とうもろこしは、ほぼ全て海外からの輸入原料に頼っています。

とうもろこしはダイエットに効果的?

糖質は最終的にブドウ糖に変化し、腸で吸収されます。ブドウ糖は身体を動かす大切なエネルギー源ですが、摂取しすぎて燃焼しきれないと、脂肪細胞に取り込まれ体脂肪に変化していきます。

私たちが大好きなスイーツに使われる単糖類や2糖類で、この2つは多糖類よりも消化吸収とインスリンの分泌が早いので脂肪として蓄積されやすいのです。

しかし宝庫と呼ばれているほど豊富に含まれる食物繊維の効果により、肥満、便秘や大腸がんの予防効果が期待できます。

以下の注意点を守ってうまく取り入れれば、ダイエットに効果的といえます。

とうもろこしを摂取する上での注意点

とうもろこしの糖質は多糖類ですが、食べ過ぎればやはり脂肪が増えていってしまいます。主成分は主に炭水化物ですので、食べ過ぎには注意しましょう。

サラダに少し入っている程度なら問題ないですが、1本丸ごと食べるようなことは控えましょう。また、寝る前の摂取は特に控え、摂取したあとはエネルギーを消費するように運動を心掛けてください。

また缶詰のコーンは、甘みを際立たせるために調味液に塩が使われています。そのため生で茹でたものよりも、ナトリウム値が高めなので注意しましょう。中でも食塩無添加の製品もありますので、ニーズに合わせて選んで使ってください。

おわりに

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

とうもろこしの旬を味わうレシピ25選!茹で方、粒の取り方も極めたい!

とうもろこし レシピ スープ まとめ

プチッと弾ける甘くジューシーなとうもろこし。お祭りには焼きもろこしが定番!という人も多いのでは?旬のこの時期はぜひ生のとうもろこしを食べたいですね。上手な茹で方やスープなどの人気レシピ、コーン缶を使った絶品料…

【夏の風物詩】とうもろこしのおいしい食べ方、きれいな食べ方って?

とうもろこし

夏の風物詩、とうもろこしのおいしい食べ方、きれいな食べ方をご存じですか?じつは、購入する段階から注意するポイントがあるんです。レンジを使えばおいしくなる!きれいに食べる方法が知りたい!詳しくまとめます。

とうもろこしはレンジ調理で甘くなる♩ラップを使った時短でおいしい茹で方レシピ

とうもろこし レシピ

6月~9月にかけてが旬のとうもろこし。暑い季節に茹でるのは面倒……なんて感じたことはありませんか?今回は、レンジを使ったとうもろこしの調理方法をご紹介!ラップを使った基本の方法や、皮ごと調理する裏技も♩茹でる…

ザックリが正解!まるごと「とうもろこしトースト」でSNS映え朝食レシピ♩

とうもろこし トースト 食パン レシピ

とうもろこしをザックリのせたトーストがインスタで大人気になっているんです♩コーン缶とは違う、とうもろこしの素朴な甘さがジュワ~っと口に広がりとってもおいしいですよ!そんなとうもろこしトーストの作り方を詳しくご…

生姜でポカポカ!ダイエットにも嬉しい簡単生姜スープレシピ

生姜 レシピ

生姜といえば言わずと知れた、健康食材。普段の料理にはあまり使われない生姜も、スープでなら簡単に取り入れられるんです!体の芯から温めてくれる生姜は風邪の引き始めや体質改善におすすめ。ぜひ料理のレシピに取り入れて…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

身近なものでスキンケア!肌に塗るだけで美容効果のある食材『7』選

まとめ アボカド

お肌のケアをするために高価な乳液や化粧水を買っている方も多いかと思いますが、実は身近な食材に高い美容効果のあるものがあるのをご存知でしょうか?ここでは、塗るだけで効果のある身近な食材を厳選して7つご紹介します!

バレンタインシーズンに行きたい東京都内のスイーツビュッフェ4選

チョコレート 東京 ビュッフェ まとめ

バレンタインならではのスイーツが続々登場!各所でチョコレートやいちごを使ったスイーツビュッフェが開催されているみたいです♪期間限定のメニューもあるのでぜひこの時期に行っておきたい!カップルで行くのもいいですが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

きじまりゅうたさん厳選高級肉ゲット♩「#フォトジェ肉生茶」投稿キャンペーン開始!

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

記事広告

おいしくて見た目もかわいい!意外な○○で作るハロウィンレシピ!

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

記事広告

乳幼児期の味覚レッスン!グリコ「幼児のみもの」で親子の楽しい食育タイム♩

グリコ「幼児のみもの」が2017年10月2日(月)にリニューアル!シリーズ5商品全てが無香料になりました。新しい味わいを、人気フードアナリスト・とけいじ千絵さんに味見していただきました。食育のコツと合わせてご…

ページTOPに戻る