お盆に「お団子」を供える意味って?作り方や飾り方も知っておこう

日本の夏の風物詩のひとつに「お盆」がありますが、みなさんはお盆にお団子を供える意味を知っていますか?今回は、お団子をお供えする意味や、作り方や飾り方をご紹介します。今年のお盆は家族で楽しく「お団子」を作ってみませんか?

2017年8月9日 更新

ライター : kanagon

お菓子作りとお料理が得意です。 趣味はスイーツ屋さん巡りや食べ歩きに国内旅行。

夏の風物詩「お盆」にお団子を供える意味とは

夏といえばレジャーに旅行と、今から楽しみにしている方も多いはず。しかし今回は、そんな楽しみから少し外れていますが、日本の伝統的な文化である「お盆」について、紹介したいと思います。 お盆にキュウリやナス、お団子を供える意味をみなさんはご存知ですか?知っているようで意外と知らない、お供え物の種類や意味。その中でも「お団子」に注目してみましょう。

お盆の基礎知識を知ろう!

お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。自分の母親が地獄に落ちて、逆さ吊りにされて苦しんでいることを知ったお釈迦様の弟子が、お釈迦様の教えに従い供養したことがはじまりとされています。 以来、その供養が行われた旧暦7月15日が、先祖供養の大切な日となりました。現在お盆の期間は地方で異なり、新暦の7月15日前後に行う地域と、旧暦の8月15日前後に行う地域に分かれています。

飾り方やお団子の数は?

お盆を迎える前に、いろいろな飾りやお供えの準備が必要です。また、近所にお墓がある場合はあらかじめきれいに掃除をして、お参りをしておきましょう。
一般的なお盆のお供えには、「五供(ごく)」と呼ばれる物があります。「五供」とは、香、明かり、花、水、食べ物の5つを指しています。
そして五供とともに、お供え物として有名なのが「お団子」。お盆のお団子とひと言でいっても、タイミングによってどんなお団子をお供えすればよいのか変わるんです。

お迎え団子

お盆の初日にご先祖様をお迎えするためにお供えするお団子のことを「迎え団子」といいます。 盆の入りの13日にお供えする「お迎え団子」は、タレやあんこのお団子を6個以上、積み上げる形にする場合は20個で四段が最も一般的とされていますが、明確な規定はないみたいです。

お供え団子

ご先祖様がこの世の滞在している期間(14日)にお供えするお団子のことを「お供え団子」といいます。 地域によってはゆっくりと滞在してもらえるようにという意味を込めて「落ちつき団子」と呼ぶ地域もあるみたいです。 個数に関しては「お迎え団子」同様、明確な規定はないみたいです。

送り団子

最後にお盆明けの16日に、ご先祖さまのお見送りをするときにお供えするお団子を「送り団子」と言います。一般的には、なにも付けない白いお団子がお供えものに適してします。
最近ではお盆の期間中に同じものをお供えするケースもあるようです。お盆のお供え物は地域差があるため一概には言いきれませんが、知っておくといいかもしれませんね。 個数に関しては、こちらも諸説あるみたいですが、明確な規定はないみたいです。
そんなお供え物の「お団子」ですが、せっかくなら市販のものではなく自分で作ってみませんか?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS