激辛好きの基礎知識。辛さの単位「スコヴィル値」ってなんだ!?

世界中の辛いもの好きに愛されているトウガラシ。今回は、そのトウガラシの辛さの値である「スコヴィル値」についてご紹介します。おなじみのハバネロにも、世界一辛いといわれるトウガラシにもこのスコヴィル値が決められているんですよ。

辛さの単位「スコヴィル(スコビル)値」

スコヴィル(スコビル)値とは、トウガラシに含まれるカプサイシンという辛味物質の割合を測定したもので、正式にはスコヴィル辛味単位(Scoville heat units/通称:SHU)と呼ばれています。化学者ウィルバー=スコヴィル氏の名前が由来です。

栽培する場所の気温や土壌、管理方法などによって品種が同じものでも辛さの数値(スコヴィル値)に差があるため、あくまでも目安としているそうです。

カプサイシンとは

カプサイシンは、「辛い」と感じる原因となる成分。舌の痛覚神経を刺激することで「辛い!」と感じるように作用します。カレー粉やキムチ、ラー油等のトウガラシを使った調味料に含まれ、食欲増進の効果があるそうです。また、体脂肪分解の促進に役立つことでも知られています。

定番トウガラシのスコヴィル値は?

ここで、家庭料理や外食で一般的によく使われる定番トウガラシのスコヴィル値をご紹介します。

まず、日本の代表的なトウガラシ「鷹の爪」のスコヴィル値は、約40,000〜50,000SHUです。
韓国料理のチゲでおなじみ、「韓国辛味唐辛子」のスコヴィル値は約20,000〜50,000 SHUとされています。

パスタやピザに用いられることの多いタバスコソース のスコヴィル値は約2,500〜5,000SHU。
タバスコソースの原料「タバスコペッパー」自体のスコヴィル値は約50,000SHUですが、お酢を加えることで辛さを軽減しているんですね。

スコヴィル値の高いトウガラシ

特に辛いトウガラシの種類をいくつか紹介をします。激辛料理が大好きな人でも、その信じがたい数値に驚くはず。試してみる勇気、ありますか?

ハバネロ

世界的に有名なハバネロは、メキシコのユカタン半島が原産。猛烈な辛さの中にもフルーティーな香りがあるので日本ではスナック菓子にも使われています。スコヴィル値は約100,000~350,000SHU。辛さはハラペーニョの約80倍、タバスコの約10倍です。

キャロライナ・リーパー

エド・カーリー(Ed Currie)氏が栽培しているこのトウガラシは、激辛トウガラシとしてよく知られる「ハバネロ」の10倍の辛さ。キャロライナ・リーパーに触れた手で目をこすると、失明の恐れがあるほど危険で、口にした瞬間に気絶してしまうといわれています。スコヴィル値は約3,000,000SHU。調理の際には、防護服を着用するほどだそうです。

スコヴィル値が高い商品

スコヴィル値が高いものを試してみたいなら、デスソースを購入するのがもっとも簡単。デスソース(Death Sauce)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ハイランズ(ニューヨーク・スタテン島の南)に本社を置くガードナー・リソーシーズ社が「ブレア」のブランドで発売している世界でも人気のホットソースシリーズです。

使い方はパスタやピザなどにかけていただきます。チャーハンやカレーライスに加える人もいるそうです。

サドンデスソース

日本語ラベルで販売されているデスソースシリーズ中ではいちばん辛いソースです。赤ハバネロのみを使用し、隠し味に朝鮮人参が入っています。スコヴィル値は約100,000SHU。ラベルには「想像を超える辛さ」「希釈又は調味素材としてご使用下さい」などとふつうの調味料ではみられない注意書きがあります。

ウルトラデスソース

赤ハバネロ、ナーガジョロキア、カイエン、ホワイトビネガー、トウガラシ天然香料(大豆オイル含有)、トマトピューレ、ピリピリ唐辛子、ライムジュース、塩、香辛料などで作られています。デスソースシリーズの中でも上位にランクインするほどの辛さだとか。スコヴィル値は約1,173,000SHU。日本では店頭販売が許されていないほど辛いソースだそうです。

スコヴィル値順に並べてみます

特集

SPECIAL CONTENTS