ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

生どら焼きが大人気!京都の和菓子店「朧八瑞雲堂(おぼろやずいうんどう)」とは?

Photo by @39gabucho

京都市北区にある「朧八瑞雲堂(おぼろやずいうんどう)」は、2009年にオープンした和菓子屋。昔の一軒家のような懐かしい雰囲気の外観が印象的です。お店はいつも多くの人で賑わい、開店前から行列ができることも!

名物の生どら焼き、京都銘菓のおぼろ、さらに餅菓子や干菓子などが親しまれています。イートインはなく、テイクアウト販売のみです。

「朧八瑞雲堂(おぼろやずいうんどう)」のアクセス、駐車場は?

お店の最寄駅は、京都市営地下鉄烏丸線・北大路駅。ですが徒歩14分ほどと少し遠いので、車やバスを利用することをおすすめします。専用の駐車場はありませんが、近くにコインパーキングがありますよ。

人気観光スポット・上賀茂神社から徒歩数分なので、観光のついでに散歩がてら訪れるのも良さそうですね。

売り切れ御免!「生銅鑼焼(生どら焼き)」のおすすめメニュー

Photo by @minkawa_eat

名物の「生銅鑼焼(なまどらやき)」は、たっぷりのクリームを挟んだボリューム満点のどら焼き。小豆と生クリームがたっぷり入った売切れ必至の人気スイーツです。ひんやんり冷たく、一度食べたらやみつきになってしまうはず。

このどら焼きを求めて、全国から多くのファンが集まってきます。開店の9時前から長い列ができており、午前中にはなくなってしまうことも多いんですよ。

たっぷり入ったクリームが印象的ですが、全体的に甘さは控えめ。ムースのようなふわっとした口当たりで、ぺろっと食べることができますよ♪ どら焼きの生地に塗られたあんこと、さっぱりしたクリームの相性が抜群です。

「生銅鑼焼(生どら焼き)」の保存方法、賞味(消費)期限は?

保存:15℃以下
消費期限:当日限り

小倉

Photo by @yuko_oba

ほんのりピンクがかった、定番の「小倉」。クリームに混ぜ込まれたつぶあんは、やさしい甘さです。クリームのほんのりした小豆風味と、生地に挟まれたあんこが相性抜群♪

抹茶(写真右)

Photo by @chris_maltese_mom

抹茶クリームにつぶあんが練り込まれた「抹茶」のどら焼きです。鮮やかな緑色で抹茶好きの心をグッと掴みます。

しっかりとした抹茶の風味を楽しめる、小倉に続く人気のフレーバーです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ