提供 日本コカ・コーラ株式会社

ありそうでなかった!ティーバッグならぬ「コーヒーバッグ」で本格カフェ体験

お家でおいしいコーヒーを飲みたいけれど、抽出して淹れるのは大変ですよね。そんな中、ジョージアが初の自宅用レギュラーコーヒー『ジョージアカフェ コーヒーバッグ』を新発売しました。お湯さえあれば、どこでも手軽に本格コーヒーが堪能できます!

コーヒー版ティーバッグ!?

「ブルーボトルコーヒー」の日本出店をきっかけに、コーヒーのサードウェーブが話題になった2015年。そして今年は早くも、自宅で本格的なロースターを味わえる「フォースウェーブ」がトレンドになると予想されているんです。

生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研が、2016年3月に行った調査によると、ここ数年に家庭でコーヒーを飲むことが増えたという人が、約7割にものぼります。

また、“家庭用コーヒー”を選ぶ際のポイントとして、味や香りに対する満足度を求める一方で、淹れる時の手軽さやお手頃感も重視したいと考える人が多いのだそうです。
たしかに、忙しい日々を送る人にとって毎回一杯ずつ丁寧にドリップするというのは大変ですよね。そんな中、2016年3月28日(月)に缶コーヒーで有名な「ジョージア」から、驚きの新商品『ジョージアカフェ コーヒーバッグ』が発売されました。

驚きの新商品「コーヒーバッグ」

この商品は、「ジョージア」ブランド初となる自宅用のレギュラーコーヒーです。挽いたコーヒー豆から淹れた本格的な味わいを、“ティーバッグのような手軽さ”で楽しめるとのこと。
『ジョージアカフェ コーヒーバッグ』は、ブラジル豆を中心にブレンドした「豊かなコクの深煎りブレンド」と、コロンビア豆を中心にブレンドした「芳醇な香りのマイルドブレンド」の2種類です。
これまでありそうでなかったおいしいコーヒーバッグの秘密は、現在特許出願中の「最適な細かさに挽いた豆と、メッシュの組み合わせ」にあるみたい。ティーバッグのように簡単にコーヒーが作れるなんて、これは気になります!

お湯を注いで、1分待つだけ

『ジョージアカフェ コーヒーバッグ』は、アラビカ種100%のコーヒー豆がたっぷりと9g入ったメッシュのコーヒーバッグをカップに入れて、お湯を注ぎ1分待つだけで、コーヒー豆本来のおいしさを淹れたてで味わえます。
ドリップバックコーヒーと違って、数回に分けてお湯を注ぐ必要もなく、誤ってコーヒー豆をこぼす心配がないのは嬉しいですね。さらに抽出時間を変えれば自分好みの濃さで楽しめます。

捨てる際も粉が散らからないので、ゴミの量も抑えられそう。後片付けに手間がかからない点も、魅力的ですね。

簡単だけど、とってもおいしい!

コーヒーをティーバッグのような手軽さで楽しめる『ジョージアカフェ コーヒーバッグ』。手軽なのはうれしいけれど、おいしいかどうかも大切な要素ですよね。
適度な苦味が特徴のブラジル豆を中心にブレンドした「豊かなコクの深煎りブレンド」は、コーヒー本来のしっかりしたコクと、味わい深い苦味が感じられます。

甘い香りと爽やかな酸味が特徴のコロンビア豆を中心にブレンドした「芳醇な香りのマイルドブレンド」は、中煎りでサードウェーブコーヒーのようなコーヒーの甘みや酸味が楽しめるんです。

本格コーヒーを、いつでもどこでも

どちらとも1分で淹れたとは思えないクオリティだから、毎日手軽にコーヒーを楽しみたい人は、一度このおいしさと便利さを体験したらもう手放せないかも!
『ジョージアカフェ コーヒーバッグ』は、忙しい日々のなかでも、自分で淹れたコーヒーを満喫したい人にぴったりな商品です。
どこでも気軽に持ち運べるので、職場や家事の休憩中だけでなく、アウトドアや出張先のホテルなど、使い勝手抜群で重宝しそう。手軽においしいコーヒーを堪能できる「コーヒーバッグ」を、みなさんもいかがでしょうか?

特集

SPECIAL CONTENTS