新橋で食べ歩き!魔女鍋とも言われる「四季ボウ坊」の水煮牛肉がかなり極辛絶品!

カレーマンの食べ歩き第2弾は、中華「四季ボウ坊」だよ!オアシズの大久保の似の人がいるという事で、けっこう有名になっちゃったお店だよ!

2014年6月9日 更新

ライター : カレーマン

「人は、たべるために生きている」 をモットーに、おいしいものを求め続ける。 健康的に食べられる食事の回数を気にしながら、 「せっかく太るならおいしいカロリーで」 をポリシーにま…もっとみる

みんなこんにちは!カレーマンだよ! 新橋をハシゴ中だよ!
やきとんの名店で秘伝のタレを堪能したあとは、こちらで四川の真髄を堪能!
新橋の大衆中華と言えばここしかない!
四季ボウ坊。
ボウは日本人では使いこなせない難解な字。保の下に火。
最近はサンジャポにオアシズの大久保さん似の人としてほぼレギュラー出演してるので、だいぶ有名になっちゃったよ!
もはや何が何だかわからないら店外。。
店内は安心できる大衆中華のお手本のような雰囲気。 ここで食べるのは、まず鉄鍋餃子。
次に水煮牛肉。
最後に海老の春巻き。 水煮牛肉でビビッときた人、素晴らしいよ!
そう、ココで予告した水煮牛肉の名店こそが、ここ四季ボウ坊。
いかにも名品といったいでたち… でもないな。写真無しだし。。 でもうまいからひとまず発注しといて! てことで、まずはレモンサワー。
そしてそこにれ合わせるのは鉄鍋…
春巻きが先来てもーーたーーー!
モノには順序があるので、ここはぐっとガマン。
てことで遅れて来たルーキー、鉄鍋餃子!
見た目以上にジューシーだよ! サワーにあーうーー!
そして激しい破裂音と共に威風堂々と登場するのは…
水煮牛肉だああああああああ!
グツグツというよりはもはやバチバチと煮えたぎった状態でリングイン!
魔女のつくった食べもののような、或いは地獄の釜のような、凄まじいインパクト。
騒ぎが落ち着くと、こんな感じ。
赤いよ! ものすごく赤い! 危険な攻撃色だ!!
この中に入っているのは…
牛肉!
そして白菜! るーしー吸ってて、いかにも辛そう!
そして絶対に食べちゃいけないやーつ!
てことで、いっただっきまーーす! ぱくっ。
肉、やわらかーーーー! そして熱ーーーーーー!
追って、辛ーーーーーーーーー!
辛い辛い!
辛いっていうより、痺れる! ビリンビリンに痺れる!
ぐっはーー! 辛いけどうまーーーーーい! しかし痺れすぎ。 箸休めが絶対に必要だ。。
てことで帰ってきた春巻きー! これをこうして…
そんでもって…
こうだーーーー!
揚げ物にプースーというジャンクの王道。 香ばしさと辛さと海老の風味とが合わさって…うまーーーい! 不思議と辛さも痺れも和らぐ奇跡の箸休め。
断面も美しい。
断面にさらにディップしても美しい。 しかし今日のは痺れがいつも以上だなー。強烈〜!
この辺がきっとその原因よね。 凄まじい山椒のチカラ。 いやー、大満足!!!
今回行ったお店はこちら↓

四季ボウ坊 (シキボウホウ)

住所:東京都港区新橋2-9-16 米倉屋ビル1F 電話番号:03-3503-4560 客単価:3000円〜4000円 営業時間:11:30~15:00 17:00~翌2:00 参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13002161/
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS