風邪対策にはカレーが効果的!? スパイスや具材の効能を調べてみた

今や国民食とも言える「カレー」ですが、実は風邪対策に効果的とされているんです。その秘密は、使用されているスパイスや具材の効能に隠されていました!これからカレーが、風邪を引いたときの定番料理になるかも……?

カレーは風邪に効くって本当?

老若男女に愛され、もはや日本の国民食ともいえる料理「カレー」。実はカレーには、健康効果の高いスパイスがたくさん使われているんです。カレーの本場であるインドやネパールでは、そのときどきの体調に合わせてスパイスの配合も変えるのだとか。

風邪に効果的なスパイス

ターメリック

ターメリック(ウコン)の香り成分には、胃を活性化させて食欲を増進させる作用があります。また、胃液の分泌を促して消化を促進させる働きも認められています。

クミン

皮膚の粘膜には、細菌などが体内へ侵入するのを防ぐ役割があります。クミンに含まれるビタミンAは、そんな粘膜の健康を支える働きがあるため、ビタミンAの摂取は免疫力アップにつながります。風邪の対策には、ビタミンAの存在は欠かせませんね。

コリアンダー

コリアンダーは、胃腸などの消化器官の不調を整える作用が認められています。特に胃液分泌を促して消化をスムーズにしたり、腸内に溜まったガスの排出を促す効果が期待できるとされています。

シナモン

シナモンに含まれる香り成分「シンナムアルデヒド」には、毛細血管の健康維持に役立つ成分。毛細血管が健康であれば全身にしっかりと血液が行き渡り、各臓器もきちんと機能します。また、冷えの対策にもつながりますよ。

生姜

生姜特有の辛さは、「ジンゲロン」「ショウガオール」「ジンゲロール」という成分が原因。そのうち、ジンゲロン・ショウガオールには、殺菌作用が認められており、粘膜に付着した菌などによるのどの痛みを緩和させる効果が期待できます。

また、ジンゲロールが血管を拡張させ、体を深部まで温めることにも役立ちますよ。

風邪に効果的な具材

玉ねぎ

玉ねぎに含まれる辛み成分「アリシン」には、血液を固まりにくくする作用があり、血行を良くする効果が期待できます。血行が良くなれば細胞が活性化し新陳代謝がスムーズにおこなわれるため、体温が上がり免疫力アップにつながりますよ。

にんじん

にんじんには「βカロテン」という色素成分が豊富に含まれているのですが、このβカロテン、体内に入るとビタミンAに変化するんです。「クミン」でも紹介したように、ビタミンAには粘膜の健康を支えて免疫力をアップさせる効果が期待できるので、風邪対策に役立ちますよ。

じゃがいも

じゃがいもには、水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれています。なかでも不溶性食物繊維には腸を刺激してぜん動運動を促し、溜まった便の排出をサポートする効果が期待できます。便とともに毒素も一緒に排出されることで、疲労感を覚えにくくなりますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう