京都旅行で外せない!「サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドール」でカフェしよう

京都ならではの町屋造りの店内で、まさかのケーキ?!店内から見える中庭の景色は、四季の移ろいを感じられて、景色を眺めながらついつい長居してしまいます。京都に行く予定のある人への必須スポット「サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドール」の紹介です。

誰が行っても満足度の高いカフェ

京都でケーキが有名なカフェといえば、「サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドール」。地元の人のみならず、多くの観光客から人気を得て、今や京都で1・2を争う有名洋菓子店と言っても過言ではありません。

お店の人気の理由は何なのか、人気メニューはなにか。一気に紹介します。

京都の町に溶け込む建物

地図を頼りにお店にたどり着くと、「ここが本当に洋菓子を出すお店?」と思ってしまうほど。京都の古き良き街並みの景色にすっかり溶け込んでいる、町屋スタイルの建物なんです。

まるで呉服屋さんのようですよね。
店内も、やはり町屋そのもの。他のどこでも味わえない空気を感じられます。全てテーブル席で44席と広々。完全禁煙で、家屋を大事にしていることがわかります。

窓が大きく、日差しが入り込むような作りになってはいるのですが、どこか涼しげな雰囲気も漂います。
もし、お店に行った時間が空いていたら、ぜひ窓際のをゲットしてください。丁寧に手入れされた中庭の景色が見えますよ。

四季それぞれの美しさが際立つ景色を眺めていると、時間が経つのを忘れてしまいそうです。

スイーツも魅力的

お店の作りだけでなく、スイーツもとても美味しいと評判です。店内には大きなショーケースと、所狭しと並べられた数々のスイーツがお出迎え。正直、どれも美味しそうで「端から端まで」と言ってしまいそうになります(笑)

「サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドール」の数あるケーキの中から、いくつかオススメを紹介します。

まずは、ビジュアルが乙女心をくすぐる「プティ・ポ・オ・フロマージュ」(¥540)です。

コク深いクリームと、贅沢に使用したフロマージュが、とっても優しくお口を癒してくれるそうです。しかも、優しい中にフランボワーズの酸味がアクセントになって、バランスのとれた一品だそうです。
チョコ好きさんにオススメのケーキが、こちらの「ピラミッド」(¥490)。まさにピラミッドの形をしたケーキです。

整ったピラミッド型のケーキにフォークを入れると、中には濃厚なチョコレートムースが入っています。濃厚さからなのか、お酒と相性が良いとされる「サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドール」の看板メニューと言えるケーキです。
ちょっと変わったチョコレートケーキが食べたい!という人にオススメなのが「ジュレ・ド・ショコラ」(¥500)。

和の要素を取り込んだ、とても変わった食感のケーキで、ケーキの上の部分はショコラグラサージュ、真ん中はクルミ、そして下の部分はガトーショコラと、ここまでは普通です。しかし、このケーキ、真ん中に「ショコラ羊羹」なるものが入っているんです。油分の少ない、とてもさらっとしたチョコレートが入っているのだとか。人に知らせたくなるケーキです。
今の時期、とても美味しいのがイチゴのスイーツですよね。「いちご畑」(¥510)は、アーモンドの香ばしいタルト生地の上に、ふわふわのムース、真っ赤なイチゴが盛りだくさんの、女子スイーツです。

旬の果物を堪能するのにもってこいのケーキです。
「ピラミッド」は、人気商品のため、訪れる時間によっては無くなってしまっていることもあるそうです。

あまり頻繁に来られない人は、早い時間帯に行って、どうしても食べたいケーキを押さえておきましょう♪

特集一覧

SPECIAL CONTENTS