これぞ本物のプレッツェル!吉祥寺リンデでドイツパンを味わおう♩

吉祥寺から歩いて5分ほどのところに佇む「リンデ」。地元の人に人気のドイツパン専門店で、ライ麦やオートミール、ケシの実やヒマワリの種などをふんだんに使ったパンがたくさん並びます。カフェスペースもあるので朝から焼きたてを楽しめますよ。

2017年4月25日 更新

吉祥寺リンデで本場のドイツパン

最近お洒落なカフェや人気スイーツ店が急増してる吉祥寺。 そんな話題の吉祥寺の大人気ドイツパン専門店「リンデ」を紹介したいと思います♡
吉祥寺駅北口からサンロードに入り、信号付きの横断歩道を渡ると、すぐに左手に見えてきます。 緑に黄色の文字が映える看板が目印です。看板のプレッツェルのイラストがかわいい♡
店内には見たことの無いような本場のドイツパンがズラリ! ライ麦やオートミール、ケシの実やヒマワリの種などをたっぷり使用したパンがズラリと並んでいて、店内はとっても良い香り♡ お店にはメニューカタログが用意されていて、それぞれのパンのライ麦の含有率や原材料が細かく書かれているので安心して食べることが出来ます。
2階はイートインスペースなので、焼きたてのパンとおいしいコーヒーがその場で楽しめるのも嬉しいですよね♡

種類が豊富なドイツパンの数々

売れ筋ナンバーワンは「プレッツェル」! 独特なカタチ、色合いを醸し出した伝統的なドイツパンです。 食べてみると外はパリパリ、中はもっちり。噛むほどに生地の旨みが口の中に広がります。塩加減もちょうど良く、コーヒーはもちろんビールのおつまみとしても相性抜群なんだとか! これが本物のプレッツェルか!と圧倒される美味しさです。
ラオゲンクロワッサン
こちらは表面のつやが綺麗な「ラオゲンクロワッサン」。 ドイツパンに欠かせないラウゲン液を表面に塗布したクロワッサンです。バターの風味とゴマの香ばしさが相まって絶妙な味わいです。 意外にもふんわりとした食感で、適度な塩味が食欲をそそる、朝ご飯にぴったりのパンです♪
ロゲンブルーメン
こちらは見た目がお花のようでとっても可愛い「ロゲンブルーメン」。 かぼちゃの種・2種類のケシの実・えごま・キャロウェイシードのトッピングで、ひとつのパンで5種類の味が楽しめます。 パン生地は、もっちりと弾力があり、香ばしさが幸福感を感じさせてくれる温かみのあるパンです♡

リンデのドイツパンで素敵な朝ごはん

みなさんも「リンデ」のパンで楽しい朝ご飯はいかがですか?♡ 元気を貰える本格ドイツパンを食べて一日頑張りましょう!

店舗詳細

・住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-27 ・TEL:0422-23-1412 ・営業時間:10:00~19:00 [イートイン]10:00~19:00(L.O.18:30) ・定休日:無休(年末年始を除く) ・参考 URL:http://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13005831/
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS