鎌倉「ワンダーキッチン」はまさに隠れ家のアジアン料理店

「Wander Kitchen」(ワンダーキッチン)こそ本当の隠れ家。本当に良くある普通のお家を改装したお店の中に入ってみると、そこはまさかのワンダーランド!乙女心をくすぐる内装に、思わず歓声を上げてしまいそうになります。

普通のおうちに看板一つ・・。

鎌倉は御成町の隠れ家。というか住宅なのでもうご近所さんにすっかり馴染んでいて隠れようとしているわけでもないのに勝手に隠れてしまっているこちらのお店が今回紹介します「Wander Kitchen」(ワンダーキッチン)です。

白いおうちの一階にはちょっとしたガレージもあり、いかにも鎌倉にある普通の住宅、といった感じです。
あまりに馴染んでしまっているので、遠くからでもわかるように二階に大きな看板が飾ってあるので、こちらを目印に行ってみてください。

店内はまさに「ワンダー」

お店に入ると鮮やかな色使いが目に飛び込んできます。ですが決してうるさくなくて、ちょうどいいバランスなんで心地いいぐらいです。
座席によって家具やカラーが異なり、一つ一つ見たくなってしまうほど。
パキっとした色の席もあれば、このように落ち着いた色使いの席もあり、それがワンダー☆な感じです。
シャビーなテーブルとあえて揃っていない椅子。それでも棚と一緒に統一された空気ができているから、お店のセンスの良さを感じます。

手の込んだアジアンフード

ここで人気のメニューは「ガパオライス」(¥1,000)ガパオの隣に添えてあるご飯が雑穀米でヘルシー。
上に乗せてあるのが普通の目玉焼きなものが多い中、こちらはフライドエッグ。そしてカリカリに揚げたオニオンがご飯の上にトッピングされていたりと、一つ一つ手が込んでいます。また、必要以上に香辛料を使っていないところも、日本人向けにしてあって嬉しいですね。

ところどころ辛いところがあるらしいので、油断大敵ですよ。
こちらは「チキンコリバタカレー」(¥1,000)南インド風のココナッツ風味のカレーで、注文すると可愛い太陽の器に盛り付けられ、月のお皿のサラダ、飲み物が付いてきます。
よく見ると手羽先がゴロゴロ。お味は爽やかな辛さで、かつクリーミーでもあって非常に食べやすいとのこと。こちらにも揚げた玉ねぎが添えてあります。

特集

SPECIAL CONTENTS