ライター : メシ五郎

グルメに関する事なんでも書いていきたいと思います。ラーメン、バル系、ビール、ワイン、和菓子が好き。どうぞ宜しくお願いします。

渋谷にできた「ホットドッグ」専門店に行ってきた。ヤマダ電気の帰りにセンター街ぷらぷらしてたら、なんとも怪しいお店を発見したのだよ。ほれ見てよ、これ。原宿にあるコンドマニアみたいなノリだ。 さっそく入ってみることにした。
このホットドッグ野郎(そう呼ぶ)がさらに怪しくしているわけだが、ある意味このホットドッグ野郎のおかで、ホットドッグ屋という事が認識できたわけで。
アメリカンな雰囲気漂う外観、でも看板が鬼可愛くてキュンってなった。我ながら写真はうまく取れたと思っている。 ホットドッグ380円〜、ビール600円〜、ソフトドリンク250円〜、2階で食べれるようだね。 まずは、レジで注文するみたい。ここから店内へ。
なに!?なんだこのドリンク in ショーケースわ。 昼間っからビール飲めって言ってるようなもんじゃないか!
店長らしき人物に聞くとビールは常備60種類程度、用意してるんだとか。
見たことないビールがたくさんあった。
ギロチンの隣りには、マンゴーと書いてるビール。 ギロチンマンゴーというつながりに心の中で密かに笑った。
左に、アッコさんのようなラベルのビールがったが、そのままにしとく。 とにかく、飲んだことがないビールがある。そうだよな、ホットドッグと言ったらビール片手に野球観戦がテッパンだったりする。
こちらがホットドックのメニュー。なんとその数、24種類!! はじめてだから、定員さんにオススメを聞いたら、一番人気は“ジャパンドッグということで、なすがままオーダー。ビールはいらないですか?と聞かれ、そうだなぁ〜と思ってたところに仕事の電話がきて、我に帰り、ソフトドリンクにしたよ。
待ってる間、狭い店内をちらちら。このサイズ感がまたいいよね。しかもコカコーラのカップってなんかいいよね。わかるかな?
できるまで5分くらいあるみたいだから、2階で待ってていいですよって言われて、いざ2階へ。紫の壁が怪しい世界へいざなう。
2階に到着。畳分くらの広さになんだか楽しめそうなカウンターが設置されてた。左と右にスペースがあり壁には懐かしいものまである。
こっちが入って右。
2階のメニューは、お酒だね。ジムビームが6種類。その他にウイスキー、カクテル、ノンアルコール。意外とお値段はお手頃じゃないかと思った。仕事帰りのサラリーマンや若者がこのカウンター越しに店員の若いおねーちゃんと話したり、はしない。おねーちゃんはいないが、サクっと寄って飲むにはちょうど良いスペースだと思った。
このグラスでジムビームを飲むのだろう。飲みたかったよ。
壁や棚には、ポスターやおしゃれなお酒のボトルがあった。
MIX TAPE!!なつかしい。トニータッチ、DJ プレミアとかなつかしい!!!
そうこうしてる間に、名物の「ジャパンドッグ」は運ばれてきました〜。おおーー、これはマスタードソース。ケチャップは使用されてない。パンはロールパンではないようだ。
たまねぎの下には、にょきっと食べ応えのあるソーセージ。 ひとくち食べてみると、うまいーーー!! マスタードソースがマイルド!なんて食べやすいマスタードなんだ! さらに甘さたっぷりのたまねぎとあいまった。。。たまねぎとマスタードだけで飯食えるこれ。 でもやはりホットドッグだから、パンとソーセージ、全部まるごとガブリエル。 ふーん!これはフランスパンかな?いや食パンかな?わからなくなってきた。 ロールパンで食べるホットドッグとはひと味違うぞ!俺はこっちのほうが好きや。ロールパンってちょっと甘いねんな。こっちのほうが控えめで、具を引き出している。 くっそ、ビール飲みたい。あっさり完食。
窓からはマクドナルド。場所はもうわかるよね?センター街のマックの迎えね。ビックマック食べるかな。

ホットドッグ専門店「プレイオン」店舗データ

店長と話したんだけど、名前が変わって現在「プレイオン」。オープン当初は、ジャパンドッグという名前だったみたいなのだが、大人の事情で、変更したんだとか。やーね大人って。
どこにも情報がないプレインオン、ホットドック専門店の情報はこちらだ!!
・センター街マックの迎え ・ホットドッグ野郎が目印 ・ラーメンどうとんぼり神座までは行かない ・地図は添付するがその隣くらい
スナックとビール、またこれもいいやね〜♪ 実は、3階もあったんだがまだ清掃中らしく、キレイにしたら貸切パーティーなどもやってもらおうと考え中だとか。今後の“ホット”スポットが楽しみだ☆ 以上、渋谷ホットドッグ専門店レポートでした〜。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS