ライター : Asaki

webライター

すりおろした生姜を集めやすくする!知っておきたいライフハック

Photo by Asaki

料理でなにかと出番の多い生姜。みなさんは生姜をすりおろすとき、繊維がとげに絡んで取りにくい」「生姜が集めきれずもったいない」と思ったことはありませんか?

SNSでは、家にあるものを使って簡単に生姜が集められるようになる裏技を複数の方が紹介しています。それが、アルミホイルもしくはクッキングシートをおろし金にかぶせるという技。

この記事ではくわしいやり方をご紹介しながら、アルミホイルとクッキングシートで違いがあるか検証していきます!
おすすめの記事はこちら▼

方法1. アルミホイルをおろし金にかぶせる

Photo by Asaki

アルミホイルはおろし金よりもひと回り大きなサイズにカットしておきます。

アルミホイルをおろし金の上にのせ、とげの部分を軽く押して密着させます。強く押しすぎると怪我につながる可能性があるので注意してください

Photo by Asaki

アルミホイルの余った部分をうしろ側に折りたたみます。ガチガチに折りたたんでしまうと取り外しにくいので、軽くまとめる程度でOK。

しっかりすりおろせる!

Photo by Asaki

アルミホイルをかぶせた状態でも、しっかり生姜がすりおろせました。あまり強くやりすぎるとアルミホイルが破けてしまいそうなので、ほどほどの力がよさそうですね。

Photo by Asaki

アルミホイルを取り外せば、箸でも簡単に生姜を集められます。これは便利……!

生姜汁もそのまましぼりだせる

Photo by Asaki

アルミホイルを折りたためば、生姜汁も簡単にしぼれます。手が汚れにくく、キッチンペーパーのように生姜汁が吸われることもないので効率がいいですね。

方法2. クッキングシートをおろし金にかぶせる

Photo by Asaki

続いてはクッキングシートを使う方法。手順はアルミホイルとほとんど同じで、クッキングシートをおろし金に密着させるようにかぶせるだけです。

アルミホイルと違って余った部分を折りたたむことができないので、おろし金よりも少しはみだす大きさにシートをカットすれば十分です。

ロールタイプのクッキングシートはくるんと丸まってしまうので、少々扱いにくさがありました。

すりおろした生姜を集めやすい!

Photo by Asaki

こちらもスムーズにすりおろせました。アルミホイルより丈夫なので安心感があります。

Photo by Asaki

つるつるしていてシワができにくいせいか、クッキングシートの方が生姜を集めやすいです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ