どうやって使う?おすすめのアレンジ4選

1. ラップサンドに

Photo by akiyon

やさいシートでパンや野菜などを巻けば、ラップサンドのできあがり。カラフルなので、見栄えのするひと皿が簡単に完成します。巻き終わりは、マヨネーズを塗るのがおすすめ。シートがラップのようにくっつき、料理のおいしい味付けにもなりますよ。

Photo by akyon

シートは少し時間がたってもべとついたりせず、そのまま手でつまんで食べられます。食べてみるととてもやわらかく、シートそのものの味わいも残っていますね。どのフレーバーも、パンや野菜と合わせても違和感がありません。

食べられるラッピングペーパーという感じで、これは新感覚!自然な素材でできているので、安心して食べられるところもうれしいですね。

2. おにぎりに巻いて

Photo by akiyon

はさみで適当な大きさに切り、おにぎりに海苔の代わりとして巻くのもおすすめ。硬めのシートでも、特に湿らせておかなくてもうまく貼りつきます。

彩りがよくポップなイメージに仕上がるので、小さなお子さんの食事におすすめ。また、キャラ弁やデコ弁などお弁当の材料としても大活躍しますよ。

3. ヨーグルトにトッピング

Photo by akiyon

やさいシートは、ヨーグルトやアイスクリームのトッピングとしても使えます。かわいい形にカットしたり、小さく切って散らしてもかわいく仕上がります。

しんなりとやわらかくなりながらも形を保ち、ほんのりとした甘味や野菜の風味がアクセントに。おもてなしなどちょっと彩りがほしいときに、活用してみましょう。

4. 離乳食に

Photo by akiyon

100%植物性の素材で作られているので、離乳食に活用するのもおすすめ。温かいおかゆにトッピングしてみると、混ぜているうちに溶けていきとても食べやすくなります。

カロリーも栄養成分もほとんどありませんが、ほんの少しだけ風味づけをしてみたい離乳食の材料としてはぴったりなのではないでしょうか。作っている側も、とても楽しい気分になれます♪

使い勝手のよさが抜群!

Photo by akiyon

今回初めてダイソーのやさいシートを使ってみて、その使い勝手のよさにとても驚きました。まるで “薄紙” のように切ったりちぎったりと手軽に扱えるし、なんといっても色合いがきれいなことがうれしいですね。

今回ご紹介したアレンジのほかにも、まだまだたくさん使いみちがありそう。みなさんもぜひ自分なりのアイデアで活用してみてくださいね。

商品情報

■商品名:やさいシート カボチャ
■内容量:5枚
■原材料名:カボチャ(国産)、冬瓜(国産)、寒天
■カロリー:3.93kcal(1枚あたり)
■商品名:やさいシート ムラサキイモ
■内容量:5枚
■原材料名:ムラサキイモ(国産)、冬瓜(国産)、寒天
■カロリー:3.76kcal(1枚あたり)
■商品名:やさいシート ホウレンソウ
■内容量:5枚
■原材料名:冬瓜(国産)、ホウレンソウ(国産)、寒天
■カロリー:3.67kcal(1枚あたり)
■商品名:やさいシート ニンジン
■内容量:5枚
■原材料名:ニンジン(国産)、寒天
■カロリー:3.91kcal(1枚あたり)
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ