ライター : macaroni公式

こんにちは。macaroniの公式アカウントです。最新の様々な情報をみなさんにお届けします。

「明治北海道十勝スマートチーズ」専用の「十勝ワイン」とは!?

Photo by 木下 誠

濃厚なうまみとほどけるような口どけで知られる「明治北海道十勝スマートチーズ」。2022年7月29日(金)、このスマートチーズと“最高に合う十勝ワイン”が新登場します!

その名は、十勝ワイン「42°55’」。

明治と北海道帯広市が進める「LOVE十勝プロジェクト」の取り組みとして開発されたワインです。十勝ワインのワイナリー「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」による醸造、そしてスマートチーズのファンが集まる「スマチー部」のメンバーの協力もあって完成したのだそう。

十勝を、そして十勝で生まれたスマートチーズを愛するみんなの想いがつまった十勝ワイン「42°55’」。

いったい、どんなワインなのかさっそくご紹介しましょう!

「LOVE十勝プロジェクト」とは?

Photo by 株式会社 明治

まずは、十勝ワイン「42°55’」誕生のきっかけとなった「LOVE十勝プロジェクト」について触れておきましょう。

「LOVE十勝プロジェクト」は、「明治北海道十勝スマートチーズ」と十勝地方でもっとも大きな自治体・帯広市による共同プロジェクトです。

その根底にあるのはスマートチーズの原点である十勝の魅力をもっと広めたいという想い。

というのも、「明治北海道十勝ブランド」のひとつであるスマートチーズは、十勝なくしては存在しえない商品だから。夏でも冷涼な気候、豊富な清流というチーズ作りに最適な十勝ならではの“場”の価値と、明治が長年培ってきた“知”の価値を融合させることで誕生したチーズなのです。

明治は十勝の魅力をさらに広めていくために何かしたいと、帯広市とやり取りを重ねたそう。そして互いに重なったのが「十勝の大自然に育まれた素材を使い、食体験を通してファンを増やしたい!」という熱い想い。かくして始まったのが、「LOVE十勝プロジェクト」なのです。

そして両者は“スマートチーズと最高に合う十勝ワインをつくる”、という夢に向かって走り出し、十勝ワインのワイナリー「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」にワインづくりを依頼。また、スマートチーズファンの「スマチー部」にも、味、ネーミング、ラベルデザインで協力してもらい、「42°55’」が生まれました。

Photo by 株式会社 明治

今回のプロジェクトについて、帯広市の担当者さんは「十勝を名前に持つブランドが手を組んで新しいものを作り出すのは、今までにない試み。十勝の広大で、豊かな自然の恵みを感じてほしい」と語ります。

ところで、気になるのが「42°55’」という数字。これは十勝地方の緯度である北緯42度55分を表しているのだそう。この謎めいた数字は、インパクトがありますよね。

2種類のスマートチーズそれぞれに合わせた、2種類のワイン

今回開発した十勝ワイン「42°55’」は、スマートチーズ「熟成チェダーブレンド」と「芳醇パルメザンブレンド」それぞれに合わせた2種類があります。

ワインづくりを担った池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の担当者さんによると、もちろんワインだけでも「おいしい」ですが、ワインの生まれた地域の食材と合わせて楽しめるのもワインの魅力だそう。それぞれの味の魅力を教えてもらいました。

「42°55’ For Smart Cheese Cheddar」は「熟成チェダーブレンド」に

Photo by 木下 誠

「42°55’ For Smart Cheese Cheddar」は、濃厚チェダーチーズのコクが魅力のスマートチーズ「熟成チェダーブレンド」と最高のペアリングを楽しめるワイン。野趣あふれる独特なアロマと、キレのある酸味と深みのあるコクが特長です。
「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」の担当者さんのコメント
「池田町独自交配品種ブドウ・山幸でつくったワインは、力強い酸味とキレの良さゆえ、ジビエや肉料理と相性が良いイメージがありました。そのため、当初はチーズとの相性を心配していましたが、いざ合わせてみると『熟成チェダーブレンド』の濃いうまみが、山幸の力強さをやさしく包み込んで、口の中で見事に調和。相性は抜群です!」

「42°55’ For Smart Cheese Parmesan」は「芳醇パルメザンブレンド」に

Photo by 木下 誠

「42°55’ For Smart Cheese Parmesan」は、濃厚なうまみと芳醇で華やかな香りが特徴のスマートチーズ「芳醇パルメザンブレンド」に見事に寄り添うワイン。ブドウ2品種をブレンドすることで生まれる複雑なアロマ、バランスのとれた味わいが特長です。
「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」の担当者さんのコメント
「単一品種だと個性が前面に出過ぎてしまい、ときに飲みづらい場合があります。このワインは、山幸と清見というブドウ2品種をブレンドすることで全体的にバランス良く仕上げました。『芳醇パルメザンブレンド』の華やかさとワインが一体となり、豊かな味わいを感じさせてくれるでしょう」
明治の担当者さんは「十勝の魅力をひとりでも多くの方に届けようと、みんなでつくりあげたワイン。スマートチーズ専用のワインだからこそ味わえる、最高のマリアージュを楽しんでほしい」と思いを語りました。

さらにおいしく味わうためのおすすめアレンジ

「明治北海道十勝スマートチーズ」と十勝ワイン「42°55’」。それだけでも充分おいしいのですが、スマートチーズにちょっとしたアレンジを加えれば、さらに楽しめますよ。

とても簡単なアレンジなので、ぜひ参考にしてみてください。

おかきのカナッペ

Photo by 木下 誠

おかきの上に、スマートチーズ、スモークサーモン、いくら、ハーブをのせた簡単カナッペ。スマートチーズのコクとおかきの香ばしさ、意外にも合うんです!もちろん、赤ワインとの相性もばっちり。

チーズとマグロのアボカドタルタル

Photo by 木下 誠

新鮮なマグロと相性のいいアボカド、コクのあるスマートチーズ、味噌を合わせてつくるタルタルディップ。スライスしたバゲットにのせれば完成です。チーズ×味噌の旨みのハーモニーで、ワインがぐいぐい進んでしまうかも!?

十勝×十勝のマリアージュ、ぜひ体験してみませんか?

Photo by 木下 誠

十勝、そして「明治北海道十勝スマートチーズ」を愛するみんなの熱い想いから生まれた十勝ワイン「42°55’」。スマートチーズ専用に作られたとあって、その相性の良さはお墨付きです。

スマートチーズファンはもちろん、全国のチーズ好き、ワイン好きにもきっと喜んでもらえるはず。ぜひご自宅で味わってみてくださいね。

商品紹介

Photo by 株式会社 明治

商品名:
・42°55’ For Smart Cheese Cheddar(写真左)
・42°55’ For Smart Cheese Parmesan(写真右)

製造・販売:
・池田町ブドウ・ブドウ酒研究所

販売方法:
【店舗】
・ワイン城 1Fショッピングエリア(いけだワイン城)
・BLUE SKY FLIGHT SHOP(羽田空港第1ターミナル1階) ※7月29日(金)~8月3日(水)
・北海道どさんこプラザ 有楽町店 ※8月5日(金)~8月7日(日) ほか

【オンライン】
・(一社)いけだワイン城 ECサイト
「LOVE十勝プロジェクト」の具体的な取り組みが見れるサイトはこちら▼
「スマチー部」についてやそのほかのスマートチーズレシピが見れるサイトはこちら▼
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ