ライター : china0515

フードアナリスト2級 / フードスペシャリスト

macaroni随一のスイーツマニア。365日コンビニアイスを食べ、新商品のチェックは欠かさない。休日はカフェ巡りに勤しみ、気になるスイーツがあればどこへでも飛んでいく生粋の甘党。

ローソン×森半が初コラボ!新作スイーツをランキング形式で実食

Photo by china0515

ローソンと京都・宇治の老舗お茶ブランド「森半」が初のコラボ!2022年5月17日(火)から、森半監修の抹茶を使ったスイーツとベーカリー商品が発売されました。

「森半」は京都で180年以上続く、老舗茶舗。創業当時から品質が高く、こだわりが詰まった抹茶を扱っています。丁寧に挽きあげられた抹茶は、香りや風味がよく、最大限にお茶の旨みを楽しめますよ。

そんな森半の抹茶を存分に味わえる4つの商品を食べ比べ!抹茶好きな筆者がおすすめ順にランキングにしてみました♪ 気になる味わいとともに、魅力をたっぷりとご紹介します。

第4位「森半監修 お抹茶デニッシュ」

Photo by china0515

160円(税込)
4位に選んだのは「お抹茶デニッシュ」。クリームとチョコに森半の宇治抹茶を使用したデニッシュパンです。

かなり迷っての4位でした……。すでに食べた人のなかには「デニッシュパンで4位!?」と思われる人も少なくないはず。それほど抹茶の香りをしっかりと楽しめる商品です。

Photo by china0515

「お抹茶デニッシュ」はデニッシュ生地で抹茶クリームと包み、表面に抹茶チョコとホワイトクランチをかけて仕上げられています。袋を開けるのと同時に、デニッシュパンのバターのふわっと広がる香りを楽しめますよ。

香り豊かなバターと抹茶が絶妙

Photo by china0515

しっとり、ハラハラとほどけるデニッシュパンの軽やかな食感と一緒に、抹茶クリームの風味も味わえます。抹茶クリームはなめらかなくちどけでほどよく苦みを感じ、甘さが抑えられているので甘いパンが苦手な人にもおすすめ。

なんといっても、バターと抹茶の鼻に抜ける香りが贅沢です♪

第3位「森半監修 お抹茶ホイップあんぱん」

Photo by china0515

160円(税込)
3位は「お抹茶ホイップあんぱん」。生地とホイップに森半の宇治抹茶を使用した、抹茶尽くしのあんぱんです。

粒あんの存在感もありながら抹茶の風味がアクセントになっているのが魅力。いつもとは違うあんぱんを味わえますよ。

Photo by china0515

抹茶を練りこんだ抹茶風味のパンの中に、抹茶ホイップとつぶあんを詰めた逸品。通常のあんぱんではなかなか見られない深緑色と香ばしい香りに、食欲をそそられます。

上品な甘さ広がるほろ苦いあんぱん

Photo by china0515

抹茶風味の生地は、ふんわり、しっとりとしたくちどけで抹茶の香りを楽しめます。ほんのりとした苦みが、ホイップやつぶあんの甘みを引き立てているようにも感じました。

パンの中にはこれでもかと、ホイップとつぶあんが入っています。なめらかなくちどけのホイップは、抹茶の風味広がる甘さが抑えられた味わい。つぶあんはつぶ感がしっかり残っているので、ホクホクとした食感を楽しめますよ。

第2位「Uchi Café×森半 お抹茶ロール」

Photo by china0515

214円(税込)
2位に選んだのは、「お抹茶ロール」!ロールケーキには、森半が厳選したローソンオリジナルの宇治抹茶が使用されています。ローソンのロールケーキをこだわり抜いた抹茶で味わえるという贅沢さ……。抹茶好きにはたまらないほど、抹茶クリームがたっぷりです。

Photo by china0515

中央のクリームは宇治抹茶と北海道産生クリームを合わせ、しっとりとしたくちどけのいい抹茶生地で仕上げられています。生地とクリームの軽やかさは、フォークを入れた瞬間すぐにわかるほど。
Photos:13枚
ローソンの森半コラボスイーツ4種類のパッケージ集合
お抹茶デニッシュのパッケージ
お抹茶デニッシュを持っているところ
お抹茶デニッシュの断面
お抹茶ホイップあんぱん
お抹茶ホイップあんぱんを持っているところ
お抹茶ホイップあんぱんの断面
お抹茶ロールのパッケージ
お皿にのったお抹茶ロール
お抹茶ロールをフォークですくっているところ
お抹茶モンブランのパッケージ
お皿にのったお抹茶モンブラン
お抹茶モンブランの断面
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ