ライター : macaroni公式

こんにちは。macaroniの公式アカウントです。最新の様々な情報をみなさんにお届けします。

3児のママ・藤本美貴さんに聞いた『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1の魅力

イギリスで社会現象を巻き起こした大人気番組『ブリティッシュ・ベイクオフ』の日本版である『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1が2022年4月22日(金)からAmazon Prime Videoにて独占配信スタートします。

『ベイクオフ・ジャパン』は総勢10名のアマチュアベイカーたちが制限時間内に課題のお菓子やパン作りに挑むクッキング・リアリティ番組。見ているうちに自然と「自分も何か作ってみたい!」というやる気がわいてきます。

今回、3児のママとして忙しく過ごされている藤本美貴さんが先行視聴していただいた感想をまじえて、番組の魅力をお伝えします!

魅力その1「個性豊かな10人のストーリーを楽しめる」

『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1を見て、どのような番組だと感じましたか?

「アマチュアの参加者みんなが“ベイキング”というテーマに向かって頑張っている姿がすごく素敵でした。思い通りに行かなかったり、反対に普段よりもおいしく作れたりとリアリティがあって、一生懸命さが伝わるすごく前向きな気持ちになれる番組です。」

個性豊かな10名のアマチュアベイカーが参加していますが、気になる方や印象的なお菓子やパンはありましたか?

「特定の誰かというよりも、10人分のストーリーを楽しめましたね。人柄もですが、作品の個性がバラバラなのがおもしろい!

お惣菜パンが好きなので、ある参加者の方が作っていたパンが特においしそうでした!皆さん本当にアイデアがすごかったので、お店で売られていたら買ってみたいと思うようなワクワクするものばかりでした。」

魅力その2「流し見でもハマる、おしゃれな映像」

この番組はどんな人におすすめだと思いますか?

面白いアイデアがたくさん出てくるので、私だったら子どもと一緒に見たいです。

あと、撮影ロケーションが外国みたいな大自然の中だったり、キッチンの内装がかわいかったりするのもいいですよね。映像がすごくきれいでおしゃれだから、お菓子やパン作りが好きな人はもちろん、本当にどんな人でも楽しめると思います。

流し見で始めても結構ハマるんじゃないかな。たとえば、ご飯を作りながら見てもいいと思う!

藤本さんも、普段は料理や家事をしながら映像を見ることはありますか?

「はい。私も子どもがいるので、なかなかゆっくりする時間はとれないんですが、この番組は忙しくても見ていられる。というのも、情報量がちょうどいいんですよね。

私はパン作りをまったくしたことがないので、専門的すぎたり、うんちくっぽかったりするとあまり響かなかったかもしれないのですが、そんな私でも『へ~、そうなんだ!』とちょうど興味をそそられる程度になっていて。」

パン作りは経験がないということでしたが、料理を作る際に藤本さんが心掛けていることはありますか?

「『家族みんながちゃんと食べること』を前提に、おしゃれさよりも、おいしさや食べやすさ、栄養面を重視してますね。でも食べてもらう人が家族以外だったら、また違うと思います。やっぱり、食べてもらう人を想像してつくるのが大事なんじゃないかな。

番組の参加者の方たちも、家族や大切な人をイメージして作っていて、プロじゃないからこそのアイデアというか、レシピが生活と密接に関係しているところが素敵だなと感じました。」

藤本さんのご家族も、お菓子やパンはお好きでしょうか?

「子どもたちは好きですね。夫も本当は大好きなんですが、マッチョで体づくりにストイックなので、甘いものや小麦は制限してるんです。なので実は時々、自分でオートミールのパンケーキやクッキーを作ってくれるんですよ。」

旦那さんは隠れベイカーなんですね!

「たまにやるからなのか、私よりもこだわりは強いですね。私としては、あんまりこだわられると道具が増えていってしまうのでやめてほしいんですけど(笑)。でもそうやって作ってくれるのは嬉しいですね。

普段、家族のごはんを作ってる立場だと、誰かが作ってくれたものを食べられるというのがものすごく嬉しい。番組にも男性の参加者が何人かいますが、パートナーがあんなパンやお菓子を作ってくれたら、いいですよね。」

魅力その3「自分と向き合う大切さを実感できる」

ほかにも、『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1にしかない魅力はありましたか?

「競争番組なのに見ていてハッピーな気分になれるところですね。「私は比較的ハートが強いタイプなんですけど、『どうしたらいつもポジティブでいられますか?』と質問される機会が多いんです。周囲との関わりを気にしすぎて心が疲れてしまっている人が増えているのかなという実感があります。

だからこそ、この番組のカジュアルに見られる雰囲気や、参加者たちが自分のベストを尽くして相手を思いやれるハッピーな雰囲気は、いまの時代にとても合っていると思うんです。」

たしかに世の中が「楽しく心地いい雰囲気」を求めている傾向はあるかもしれませんね。では最後に、藤本さんが考える「いつもポジティブでいられる」秘訣とは何でしょうか?

「他人を気にしすぎず、振り回されない。自分自身を大事にすることだと思います。自分がどうありたいか、何をしたいかを軸に行動することが、ポジティブさにつながってくるんじゃないかな。

番組の参加者たちも、相手を蹴落とそうなんて考えずに、『誰かのおいしい顔が見たい、そのために自分のベストを尽くす』という軸がしっかりしているので、見ている側も前向きになれるんだと思います。

それに、参加者がチャレンジしたり失敗を乗り越えたり、何かを学んで成長していく様が“ベイキング”という行為を通して描かれていて、人生の大事なことが凝縮されている様子が共感できるんです。

本当に、ただ流しておくだけでも心が穏やかで前向きになれるような番組だと思うので、まずは気軽に見てみてほしいなと思います!」

前向きな気持ちになれる『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1をぜひご覧ください!

藤本美貴さんのインタビュー内容から3つの魅力をご紹介してきました。

ポジティブで明るいオーラが魅力の藤本さんも「見ているだけでハッピーになれる」 と太鼓判を押した『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1は、4月22日からAmazon Prime Videoにて独占配信スタートです。

料理好きの方はもちろん、日々の家事で忙しく過ごしている方、疲れた心をリフレッシュしたい方、どんな人にもハッピーのおすそわけをしてもらえる番組です。

ぜひチェックしてみてくださいね!

番組概要

『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1は、総勢10名のアマチュアベイカーたちが制限時間内に課題のお菓子やパン作りに挑むクッキング・リアリティ番組。世界基準の厳しいジャッジで1エピソードごとに1人ずつ番組を去り、最後に残ったベイカーは日本一の「スターベイカー」の称号を得る。

審査員はパティシエの鎧塚俊彦さんと、ベーカリーグループオーナー/パン職人の石川芳美さん。そして番組のホストは坂井真紀さんと工藤阿須加さんが務める。
Amazon Prime Videoはどんなサービス?

豊富なドラマやTV番組が楽しめるオンデマンド・エンターテイメント・サービス です。お客様が、観たい作品を観たい方法でご覧いただけるよう多様な選択肢を ご提供しています。

Amazon、Prime Video及びこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。 作品の視聴には会員の登録が必要です。 無料体験期間終了後、有料期間に自動移行(Amazonプライムについて詳しくは amazon.co.jp/primeへ)。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ