ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

ダイソー3ブランドのグローバル旗艦店がマロニエゲート銀座に!

Photo by akiharahetta

創業50周年を迎えた「DAISO(ダイソー)」。2022年4月15日(金)、ダイソー3ブランドのグローバル旗艦店がオープンしました。マロニエゲート銀座2の6階フロアすべてが売り場になっているとのことで、筆者もさっそく潜入!

渋谷、新宿に続いてオープンとなった「Standard Products(スタンダードプロダクツ)」、リブランドされ新しくなった「THREEPPY(スリーピー)」、それぞれの見どころをまとめてお届けいたします。

「ダイソー マロニエゲート銀座店」のおすすめポイント

サステナブルな商品が豊富にそろう

Photo by akiharahetta

「鮮度保持ストックバッグ」110円(税込)
「DAISO マロニエゲート銀座店」の特徴のひとつが、サステナブルな商品のラインアップ。食品ロス対策に役立つ、さまざまなアイテムが仲間入りしました。

なかでも注目は「鮮度保持ストックバッグ」(税込 108円)。野菜の鮮度を長く保てるため、傷んで食べられなくなり捨てる、などのもったいない状況を防ぎます。

大人も心踊る♪ 大規模な駄菓子屋コーナー

Photo by akiharahetta

通常のダイソーでは、あまり見られないコーナーを発見!レトロな看板の駄菓子屋さんコーナーです。かなりスペースが広いため、子どもはもちろん、大人でもわくわくしてしまう品揃えですよ。

メルカリポストを店内に設置!オリジナル梱包材も販売

Photo by akiharahetta

ダイソーで売れているメルカリ用の梱包材です。あまりの人気から、今回ついにコラボ商品を開発したのだそう。発送に必要なアイテムに加え、店内にはメルカリポストまで設置されているんですよ。
ダイソーのおすすめ商品はこちら▼

2. 「Standard Products(スタンダードプロダクツ)マロニエゲート銀座店」のおすすめポイント

Photo by 株式会社大創産業

2021年3月、渋谷店を皮切りにスタートしたダイソーの新業態。「ちょっといいのが、ずっといい」をコンセプトとし、キッチングッズや暮らしの雑貨を取り揃えるブランドです。

税込330円を中心に、税込550円、税込770円、税込1,100円と、お手頃な価格帯で展開。
スタンダードプロダクツのおすすめ商品はこちら▼

リサイクルコットンのキッチンクロス

Photo by akiharahetta

「キッチンクロス」各種330円(税込)
インド綿のリサイクルコットンを使用したキッチンクロスは必見。税込み330円とは思えないかわいさと質感に驚き。料理好きなら思わず全色そろえたくなるのではないでしょうか。
Photos:13枚
銀座マロニエゲート2の店外看板のダイソーと書かれた部分
ダイソーの鮮度保持ストックバッグが陳列棚に並んでいる様子
銀座ダイソー旗艦店内の駄菓子屋と書かれた看板と商品の並んだ陳列棚
銀座ダイソー旗艦店内のメルカリ用オリジナル梱包材のコーナー
スタンダードプロダクツのイメージ
スタンダードプロダクツのキッチンクロスが吊るし陳列されている様子
スタンダードプロダクツの鉛筆が陳列されたコーナー
スタンダードプロダクツのアースカラーノートが陳列棚に並んでいる様子
スリーピーの食器
スリーピーのくすみカラー食器が陳列された棚
スリーピーのアロマデフューザーが陳列棚を正面から見たところ
スリーピーのタオルが陳列棚に並んでいる様子
ダイソー3ブランドの名前がプリントされたエコバッグのアップ画像
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ