ライター : china0515

フードアナリスト2級 / フードスペシャリスト

macaroni随一のスイーツマニア。365日コンビニアイスを食べ、新商品のチェックは欠かさない。休日はカフェ巡りに勤しみ、気になるスイーツがあればどこへでも飛んでいく生粋の甘党。

スターバックスからほうじ茶フレーバーの新作フラペチーノ®が登場!

今年も残すところあと少し……。スターバックスからは年末年始に、 ‟大切な人とのつながりをより感じてもらいたい” という想いから心温まるティービバレッジが新登場!

2021年12月26日(日)~2022年1月18日(火)の期間限定で、「ほうじ茶 meets キャラメル クリーム フラペチーノ®」、「ほうじ茶 meets キャラメル クリーム ティー ラテ」が発売されます。

ほうじ茶 meets キャラメル クリーム フラペチーノ®

Photo by china0515

テイクアウト 648円(税込)/店内利用 660円(税込)※Tallサイズのみ
「ほうじ茶 meets キャラメル クリーム フラペチーノ®」は、香り豊かなほうじ茶クラシックティーに、香りと奥深い味わいを楽しめるほうじ茶キャラメルソースを合わせた1杯です。ベースとなるほうじ茶クラシックティーは、ほうじ茶とブラックティーの2種類を使用。

ほうじ茶キャラメルソースには深焙煎ほうじ茶パウダーを使って、より香りと深みが楽しめるように仕上げられています。この組み合わせは間違いないと思いつつも、あまり見かけないので気になるところ……。

大人でシンプルなのにハマる予感しかない…

Photo by china0515

トップにはホイップクリームとほうじ茶キャラメルソース。ただのキャラメルソースではなく、ほうじ茶が入っているため、より香ばしい味わいと香りが引き立っているように感じます。甘すぎない、ビターな味わいがホイップやベースともよく合いますね。

Photo by china0515

おお、ひと口目からほうじ茶の香ばしく、スッキリとした味わいが楽しめます。ほうじ茶好きとしてはかなりうれしい仕上がり!ほうじ茶キャラメルソースの濃厚さも加わることで、まるでほうじ茶フレーバーのアイスを食べているかのようなデザートっぽさを感じられますよ。

「もしやキャラメルの濃厚さで、ほうじ茶の風味がかき消されてしまうのでは?」とも思っていたのですが、そんな心配とは裏腹にガツンときます。ブラックティーが入っていることで、ほうじ茶のおいしさを最大限に引き出していますね。

ほうじ茶ととキャラメル、どちらも ‟熱を加えて旨みや香りが引き立つ” 素材なので、相性抜群。これはほうじ茶好きならぜひ飲んでいただきたい……!

おすすめのカスタマイズは?

まず1杯目はそのまま飲むのがおすすめ。2杯目から挑戦してほしいカスタマイズは「キャラメルフレーバーシロップ追加」、「キャラメルソース追加」です!

キャラメルをより感じられ、デザート感のあふれるカスタマイズです。ほうじ茶の風味はややおされてしまいますが、キャラメル好きは試してみる価値がありそうですよ。

ほうじ茶 meets キャラメル クリーム ティー ラテ

Photo by china0515

テイクアウト Short ¥501 / Tall ¥540 / Grande ¥579 / Venti® ¥618(税込) 店内利用 Short ¥510 / Tall ¥550 / Grande ¥590 / Venti® ¥630(税込)
ほうじ茶とブラックティーを合わせたティーベースに、ほうじ茶キャラメルソース、生乳を使ったクリーム、ホワイトモカシロップを合わせたティーラテ。トップにはホイップクリームとほうじ茶キャラメルソースがトッピングされています。

Photo by china0515

ほうじ茶の香りとキャラメルの甘みをひとくち目から楽しめるティーラテ。コクのあるクリームとホワイトモカシロップのやさしい甘みが広がります。フラペチーノ®もよかったですが、やはりラテは体が温まっていいですね♪

おすすめのカスタマイズは?

ティーラテのおすすめカスタマイズも「キャラメルフレーバーシロップ」、「キャラメルソース追加」です!甘みが増し、まろやかなデザート感のある1杯になりますよ。
Photos:5枚
スターバックスのほうじ茶 meets キャラメル クリーム フラペチーノ®
スターバックスのほうじ茶 meets キャラメル クリーム フラペチーノ®を斜めから
スターバックスのほうじ茶 meets キャラメル クリーム フラペチーノ®を横から
スターバックスのほうじ茶 meets キャラメル クリーム ティー ラテ
スターバックスのほうじ茶 meets キャラメル クリーム ティー ラテを横から
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ