かゆみや蕁麻疹が出た場合

粘膜や皮膚がかゆくなったら、すぐに玉ねぎを食べるのをやめましょう。

すでに食べたものを吐き出す必要はありませんが、口の中に残っている玉ねぎはうがいなどで除去してください。

かゆみが強いときは、保冷材などで症状のある部分を冷やして血流を抑えることで、かゆみが緩和される場合が。蕁麻疹の場合も、冷やすとかゆみやほてりを軽減できる可能性があります。

消化器症状が出た場合

玉ねぎを食べている最中、または食べたあとに腹痛を感じたら、玉ねぎの摂取を中止します。

ネギ属の野菜に含まれる成分が原因で腹痛が起きている可能性もあるため、玉ねぎだけでなく、長ねぎやにんにく、らっきょうなども体調と症状を見ながら摂取するようにしましょう。

ひどい下痢や嘔吐が続くと脱水症状を起こすおそれがあります。下痢や嘔吐などの症状が続いている場合は、水分を積極的に摂るようにしてください。

また、消化器に負担のかかる食物繊維の豊富な食材や、冷たすぎたり熱すぎたりする料理は、症状が落ち着くまでは控えます。

玉ねぎを食べてアレルギーがでた場合は食べるのを避けるべきか

玉ねぎアレルギーであることが判明している、もしくは疑われる場合は、玉ねぎを口にしないように気を付けます。

とはいえ、玉ねぎは、さまざまな料理に使用されており、完全に除去するのはむずかしい食材ですよね。

場合によっては、玉ねぎを加熱すれば症状が出なくなることもあります。アレルギーの原因となる物質や、腹痛を起こす硫化プロピルなどの成分は、熱で分解されるからです。

生の玉ねぎが体質に合わない人は、玉ねぎにしっかり火を通してから食べるようにしてみてください。

加熱しても症状がでる場合もある

下痢や腹痛の原因となる栄養素の中には、加熱しても成分が変性しないものがあります。代表的なのがネギ属の野菜に含まれる二硫化アリルです。

二硫化アリルは、玉ねぎのほかにんにくなどにも豊富な成分。二硫化アリルが原因となっている場合は、加熱しても症状が出る場合があります。

玉ねぎを食べて起こるアレルギー症状は何科を受診する?

玉ねぎアレルギーの症状が出たら、アレルギーの専門医がいるアレルギー科か、子どもの場合は小児科を受診します。

かゆみや蕁麻疹の症状が出ている場合は皮膚科に、下痢や嘔吐が続くときは内科や救急にかかっても構いません。

我慢できないかゆみや腹痛、呼吸の苦しさを感じたときなどは特に、ためらわずに医師に相談してください。

玉ねぎのアレルギーに気を付けよう

玉ねぎは、サラダに、炒め物に、煮物にと何かと使い勝手のいい野菜です。しかしながら、アレルギーの原因食材でもあるのです。

玉ねぎで症状が出る人は、同じネギ属のにんにくや長ねぎなどでも同様の症状をきたすことがあります。体調が気になるときは、玉ねぎの食べ過ぎや生食は避けてくださいね。
【参考文献】
(2022/02/04参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ