ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ローソンに満足度の高いキーマカレーパンが登場!

Photo by muccinpurin

「マチノパン スパイシーなキーマカレーパン」150円(税込)
2021年11月30日(火)、ローソンから新作パン「マチノパン スパイシーなキーマカレーパン」が発売されました。

カレーパンといえば、コンビニパンの中でも花形。今回新しく発売されたスパイシーなキーマカレーパンは、その名の通りスパイスをきかせたひよこ豆入りカレーをもちもちのパン生地で包み、チーズをかけて焼き上げたひと品。スパイスカレーとチーズと聞いただけで、間違いない組み合わせであることが予想できますよね。

パッケージに「からみの苦手な方はご注意ください」の文字。なるほど、スパイスがかなりきいているようですね。

Photo by muccinpurin

原材料は、ひよこ豆入りキーマカレー(ひよこ豆、トマトペースト、とり肉、りんごピューレ、トマトケチャップ……)などなど。キーマカレーだけでかなりの量の材料を使って、丁寧に仕込まれているのがわかります。

カレーの味の決め手となるスパイスは、コリアンダー、クミン、ガラムマサラ、カレー粉、カルダモン、ガーリックパウダーなど、こちらも多岐にわたります。このラインアップなら、本格的なカレーパンが味わえることが期待できますね。

1個税込150円、1個あたりのカロリーは178kcalと、思ったよりも控え目でしたよ。

Photo by muccinpurin

パッケージから取り出したキーマカレーパンは、コッペパンのような艶なしの生地にチーズがかかった、カレーパンらしからぬビジュアル。香りさえ嗅がなければ、カレーパンとはわかりません。

直径8cmほどでそこまで大きくありませんが、ずっしりとした重さ。カレーがたっぷり包まれているのでは、と期待が高まります。

中身パンパン!スパイシーなカレーがぎっしり

Photo by muccinpurin

ご覧ください、このカレーの量!食べてみてフィリングが少なくて残念、と思うことも少なくないなか、隙間がないほどパンパンに詰まったキーマカレーにテンションが上がります。ゴロゴロと見えるのはひよこ豆。固めにゆでたひよこ豆の食感が、いいアクセントになっていますよ。

パッケージにあった通り、カレーにはスパイスがかなりきいています。トマトのコクやチキンの旨みも重なり、奥深い味わいに大満足。カレーは絶対ごはん派の筆者ですが、このカレーにはパン生地がよく合います。マイルドな旨みのあとから押し寄せるスパイシーな刺激。パン生地が甘く感じるほどのスパイシーさです。

Photo by muccinpurin

かなりカレーの味が濃いので、むしろカレーパンをおかずにごはんが食べられそうな味わいです。もちもちとした食べ応えのあるパン生地は、パンチのきいたカレーに負けずちょうどいいバランス。

油で揚げたカレーパンが多いなか、焼きカレーパンながら満足度は充分。むしろ、油で揚げずに焼くことでカレーの風味を際立たせ、脂っこすぎずおいしく食べられましたよ。

カレー好きに食べてほしい本格カレーパン

Photo by muccinpurin

スパイスを前面に押し出した、マチノパンの新作「スパイシーなキーマカレーパン」。予想以上にスパイスが効いており、辛さと香りの奥からマイルドな味わいが感じられる、本格的なカレーを使ったパンでした。

パッケージに合ったように、からい物が苦手な方やお子さまには刺激が強いかも……。逆に、カレー好きの方にはぜひ味わってほしいひと品です。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:マチノパン スパイシーなキーマカレーパン
■内容量:1個
■価格:150円(税込)
■カロリー:1個あたり178kcal
■販売日:2021年11月30日(火)
■販売場所:沖縄地域を除く全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※北海道地方では商品仕様が異なります。
※カロリーは関東地方のものを記載しています。

2021年11月30日発売の新作パンはこちら▼
Photos:6枚
マチノパン スパイシーなキーマカレーパンのパッケージ
スパイシーなキーマカレーパンの原材料表示
パッケージから取り出したマチノパン スパイシーなキーマカレーパン
半分にカットしたキーマカレーパン
ちぎったキーマカレーパン
半分にカットしたキーマカレー
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ