3. 牛肉に焼き目をつけ、赤ワインで煮る

Photo by 長曽我部真未

フライパンに半量のオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかけます。にんにくの香りがたったら中火にし、牛肉を入れます。全体に焼き目がつくように、ときどき向きを変えて焼きます。

赤ワインを入れ、沸騰したら弱火で1~2分煮てアルコール分をとばし、いったん別の皿に取り出します。

4. 玉ねぎを炒める

Photo by 長曽我部真未

そのままのフライパンに残りのオリーブオイル、玉ねぎを入れて中火にかけます。玉ねぎがあめ色になるまでしっかりと炒めます。

5. 炊飯釜に材料を入れる

Photo by 長曽我部真未

炊飯釜に1のしめじ、大根、にんじん、34調味料Aを入れ、炊飯器のスイッチを押して普通炊飯します。

6. さらに煮込み、味を調える

Photo by 長曽我部真未

炊飯が終わったら砂糖を加え、味やとろみを確認します。水っぽかったり、さらっとしていたら追加炊飯し、10~20分ほど煮詰めます。仕上げに牛乳を入れて完成です。

レシピのコツ

玉ねぎをあめ色になるまでしっかり炒めることが、最大のポイントです。デミグラスソースや市販のビーフシチューのルーを使用しない分、玉ねぎの旨みや甘みを存分に引き出して、味に奥行きを出します。

炊飯器の1回目の炊飯が終わり、味やとろみを見て煮詰めが足りない場合は、さらに追加炊飯してください。

味が煮詰まるまでじっくり煮込むと、コクのあるおいしいビーフシチューに仕上がりますよ。鍋にうつして、火にかけて煮詰めても構いません。

管理栄養士のコメント

牛肉は部位や皮下脂肪の有無によってカロリーはさまざまです。牛肉料理でカロリーを抑える場合は、カロリーの低い部位を選ぶことが大切。主な牛肉の100gあたりのカロリーは以下の通りです。

・牛バラ肉(脂身つき):338kcal
・牛タン:318kcal
・牛かたロース(脂身つき):221kcal
・牛もも肉(皮下脂肪なし):133kcal
・牛ヒレ肉(赤身):123kcal

また、牛肉の使用量を減らすのも、カロリーダウンするひとつの手です。牛肉を減らす場合は、薄切り肉を使うのがおすすめ。薄切り肉だとほかの具に紛れて、牛肉を減らしてもあまり目立ちませんよ。(※2,5,6,7,8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ