春作りのコンテ(2020年5月製造、16か月熟成)

牛がフレッシュな草花を食べている時期に作ったコンテは、カロテンの影響で黄色味を帯びています。より凝縮したミルクの風味でアミノ酸の結晶のジャリジャリ感も感じられます。

夏作りのコンテ(2019年9月製造、24か月熟成)

華やかで複雑、濃厚な風味。香ばしいロースト系やスモーク系のグリルしたナッツの風味も出てきて、アミノ酸の結晶がより顕著に感じられ、余韻も長いのが特徴です。

おすすめの飲みものと食べ方

お酒のほかにも、そば茶やコーヒー、紅茶など

コンテに合う飲み物として、今回希望者に同梱した同郷のジュラワインのほか、日本酒やウィスキー、香ばしいそば茶、コーヒーやダージリンの紅茶を紹介しました。

和の食材とも相性抜群

また久田氏はコンテは和の食材とも合うとして、角切りにしておにぎりに混ぜたり、薄くスライスして卵おじやに入れたり、おつまみとしてスティック状にカットして蜂蜜と胡麻を塗したり、海苔を巻くなどさまざまな食べ方を提案しています。

コンテとの出会いを楽しんで

久保田氏はオンラインセミナーの最後に、「季節が違えば味が変わるし、同じ日に同じ場所で作られたとしても、コンテは一玉一玉味が違います。ですので、一期一会を大事に、その場でしか味わえないコンテとの出会いを楽しんでください。」と締めくくりました。

コンテはチーズ専門店だけではなく、スーパーなどでも気軽に購入することができます。ぜひ、実際にコンテを味わってみて、コンテのおいしさや多様性を感じてみてくださいね!
Photos:3枚
「パリからチーズセミナー 季節違いのコンテを味わう!」
チーズ熟成士の久田惠理氏
コンテ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ