ライター : 大森智美

整理収納アドバイザー

神奈川県在住の整理収納アドバイザー、整理収納教育士、防災共育管理士1級。訪問・オンラインのお片付けサポートを中心に活動中。「ここちよく整う暮らしとわたし」をキャッチコピーに…もっとみる

毎日使うからこそ重視したいキッチンの収納

Photo by omori_tomomi

多い方だと1日に3回以上立つこともあるキッチン。毎日使う場所だからこそしっかり整え、導線を考えた使いやすい収納にすることで、効率が良くなったり、時短に繋がったりします。

この記事では、キッチンの収納場所ごとに時短や使いやすさに繋がる整理収納のコツや収納アイデアを、整理収納アドバイザーである筆者がご紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. つい増えてしまいがちな日用品のストック収納

増えがちなストックは定位置とルールを決める

Photo by omori_tomomi

キッチンで使用する日用品は意外と多いもの。あちこち収納したり埋もれてしまったりして「また同じもの買ってきちゃった!」ということはありませんか?おすすめは定位置をしっかり決めてあげること。

ラップやスポンジ、洗剤などは「使ったらひとつ買い足す」ルールで、ひとつずつストックしましょう。増えがちな紙皿や紙コップは、ファイルボックスに収まる量とルールを決めるのがいいですよ。

袋類は詰め替えることで使いやすく

Photo by omori_tomomi

Photo by omori_tomomi

キッチンは、ゴミ袋やポリ袋、ジップ付き保存袋などとにかく袋類が多いですよね。使うときに手間取ることなく見た目もすっきり整えるには、詰め替えがおすすめ。

必ず家にある定番の袋は100円ショップで売っているプルアウトボックスに。大きめのゴミ袋はストッカーに収納することで見た目もすっきり整います。

細かいものは収納用品を上手に利用

Photo by omori_tomomi

ストローやペーパーナプキン、ラッピングなどの細々した消耗品。毎日は使わないけれどつい買ってしまいがちですよね。そんな消耗品を筆者はセリアの「SIKIRIシリーズ」に収納しています。

細かいものも収納しやすく、ここに入るだけとルールを決めると溢れることもありません。収納ケースに収めると立てて収納することができ、スペースも有効活用できますよ。

2. シンク下・コンロ下は導線に合わせて収納

シンク下は水回りに使うものを中心に

Photo by omori_tomomi

基本的に使う場所の近くに収納をすると、使いやすさが格段に上がります。例えばシンク下は水回りで使うざるやボウル類、隣の作業台で使う包丁やまな板、ラップ類などもシンク下にあると便利です。

シンク下は、水道の配管があり湿気が溜まりやすい場所ともいわれているため、なるべく湿度に左右されないものを収納すると良いでしょう。

コンロ下はコンロ回りで使うものを中心に

Photo by omori_tomomi

Photo by omori_tomomi

一方、コンロ下の収納はコンロ回りで使うものを収納するのがベスト。鍋やフライパンなど直接コンロで使用するものや、調理中に使う調味料などもコンロ下に収納すると、最短距離で取り出せるので調理の時短に繋がります。

調味料はプラスチックのカゴなどにまとめると、万が一漏れても掃除がラクになりますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ