冷凍&解凍法も!コストコ「ディナーロール」のアレンジレシピまとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはいかがでしょうか?

コストコのディナーロール

コスパ抜群、かつおいしい食材を手に入れられることで人気のコストコ。様々な人気商品がありますが、その中でも外せないのが『ディナーロール』。とってもシンプルで小ぶりなパンですが、そのサイズ感とシンプルさ故に人気が非常に高いんです。

今回はそんなディナーロールをおいしく食べるための保存方法&アレンジレシピをご紹介。これからディナーロールを買ってみようと思っている方も、いつもディナーロールを食べているという方も、必見です!
他にもコストコにはおいしいパンがたくさん種類がありますので、気になる方はこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

値段やカロリーは?

ディナーロールは、一袋36個入りで498円と破格の値段設定。ちなみにひとつは87kcalですから、食べすぎなければひとつやふたつで太るということはなさそうです。

ひとつあたりが13.8円ですから、一食のメインをこれにするとだいぶ節約できそう。

保存には冷凍がベスト!

値段もお手頃でカロリーもさほど高くなく、言うことなしのように思えるディナーロールですが、唯一心配なのは賞味期限。基本的には購入日から3日前後に設定されていることが多いようです。賞味期限は1日2日なら過ぎても品質に問題ないとは言え、なるべくおいしい状態で食べたいですよね。

そのため、基本的にはその時食べる分以外はすぐに冷凍してしまうのが吉!冷凍保存しておけば、購入日から大体1ヶ月は保存しておくことができるようです。

上手に冷凍するには?

基本的にはひとつひとつをラップでぴったりとくるみ、さらに保存用のジップ付きバッグなどに入れて、小分けにして保存するのがよいようです。パンは他のもののにおいが付きやすい食品ですので、冷凍庫のなかのにおい移りを避けるためにも丁寧におこなってあげましょう。

更に、パンがおいしくなくなる原因は水分が飛んでしまうことにもあります。なるべく隙間がなくなるように作業するのには、この水分の抜けを防ぐ効果もあります。

解凍時にもコツあり!

更に、冷凍したパンを解凍するのにもコツがあるんです。一番重要なのは、パンを自然解凍させること。かちかちに凍ったままオーブンに入れても、ふんわりした焼き上がりにはなりません。食べる時間から逆算して、冷凍庫から出しておきましょう。

さらに、自然解凍したパンに霧吹きで水をかけてからあたためると、水分が飛ばず、よりふわっとした食感にすることができるんです。焼き時間は1〜2分ですが、お使いのオーブンによって多少焼きあがりが変わってきますので、最初は様子を見ながらがよいでしょう。

オーブンがなければレンジでも

オーブンがない時には電子レンジでも大丈夫ですが、電子レンジはオーブンよりも水分が飛びやすくなってしまいます。よって、レンジでチンするときには濡らしたキッチンペーパーで包むことでしっかりガードしてあげましょう。

こちらもレンジによって変わりますが、30秒前後であたたまるようです。

まずはシンプルにいただこう

まずはそのままお料理に添えていただくのはいかがでしょうか。サラダやスープと合わせれば、立派な朝食のできあがりです。
軽く焼き目をつけるのもおすすめですね。あたためることで、パンもふわふわに。そのままよりもおいしく食べられるという意見もありました。

特集

SPECIAL CONTENTS